もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ドロドロドロンキーとゆうすいくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ドロドロドロンキーとゆうすいくん

  • 絵本
作: みやにし たつや
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥780 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2014年09月
ISBN: 9784591119396

出版社からの紹介

きたない川で生まれた妖精ドロンキーのいじわるにみんなが困っていると、やさしくて元気な妖精ゆすいくんがあらわれて…。

ベストレビュー

柿田川公園パワースポット

柿田川公園パワースポットの自然豊かな別世界のようなところで育ったゆうすいくんに比べ、ドロドロドロンキーは、ゴミだらけの汚い川からどろんこの妖精として生まれたのだから、意地悪、悪戯、汚いのだーいすき!
になってしまったのは、人間が作ってしまった妖精だと思いました。ドロンキーでも、落とし穴に落ちてしまった時に、意地悪をして虐めた石の妖精ストーンくん、葉っぱの妖精リーフちゃん、お花の妖精フラワちゃんと、ゆうすいくんに助けられると少しずつ改心していくようでよかったと思いました。素直にいえないドロンキーですが、みんなと仲良くしているうちに少しづつ意地悪をしない妖精になっていくと思いました。柿田川公園パワースポットは日本いち綺麗な川でした。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


みやにし たつやさんのその他の作品

Dad Papa Pop おとうさん・パパ・おとうちゃん / どこが ながいか わかる? / だれかなぁ? / Poop うんこ / ぼくの おとうさんと おかあさん / うんこ



『ダム・キーパー』トンコハウス 堤大介さん インタビュー

ドロドロドロンキーとゆうすいくん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット