貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
サンタクロースの おてつだい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サンタクロースの おてつだい

  • 絵本
文: ロリ・エベルト
写真: ペール・ブライハ−ゲン
訳: なかがわ ちひろ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年10月
ISBN: 9784591141403

31cm×24cm/48ページ

みどころ

表紙で、トナカイにりんごをあげている金色のおさげの女の子。毛皮の靴と、赤いとんがり帽子がよく似合います。
この子の名前はオンヤ。毛糸の帽子と手袋が1年中手放せないくらい寒い北の国に住んでいます。オンヤの夢はサンタクロースのお手伝いをすることです。
もうじきクリスマスのある日、
「そうだ、サンタクロースに あいにいこう。おてつだいを しますって いいにいこう。」
オンヤは、家を出て、真っ白な世界へサンタクロースを探しに向かうのです。

全編、写真で綴られる、クリスマスの絵本。
写真を撮っているのは、ナショナルジオグラフィックやニューヨークタイムズ紙で写真が掲載されている、写真家のペール・ブライハーゲンさん。主に、南極やグリーンランドなど、雪と氷の世界の写真を撮影しています。そして、文章を書いているのは、広告や雑誌でスタイリストとして活躍するロリ・エベルトさん。二人は、本に出てくるオンヤの両親で、娘のオンヤとトナカイが一緒にいる姿からインスピレーションを受け、この物語を考えたんだそうです。

絵本の中のオンヤは、旅の途中で様々な動物たちに出会い、行動をともにします。ウマや、ジャコウウシ、しろくま、トナカイ・・・。写真の中で、動物と寄り添うオンヤの姿は、まるで映画のワンシーンを見ているよう。本物?フィクション?と戸惑ってしまうほど、精巧に作り上げられた美しい画面が、物語を紡ぎます。
真っ白な森、氷の世界の動物の目の鋭さとあたたかそうな毛皮。そして、真っ赤なほっぺたで、雪の中を行くオンヤの可愛いこと!
絵本をめくる子どもたちは、荘厳な雪の世界に思いをはせて、ワクワクドキドキしながらサンタクロースの登場を待つことでしょう。
クリスマスが来るたび本を開きたい、新しい定番になりそうな、クリスマスの絵本です。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

サンタクロースの おてつだい

出版社からの紹介

クリスマスのすてきな出来事を描いた、美しい写真絵本。

サンタクロースに会いに行こうと決めた、小さな女の子オンヤ。真っ白な雪景色の中、出かけていくと……。旅の途中で、さまざまな動物たちがオンヤを助けてくれ、サンタクロースのところへつれていってくれたのです。

ベストレビュー

新感覚!

表紙のトナカイにりんごを差し出す女の子がかわいくて、思わず手に取りました。
サンタクロースに会いにいこうと、小さな女の子オンヤはスキーをはいて森の中へ出かけていきます。途中、うまやジャコウウシ、しろくまにあったりしながら、とうとうトナカイとサンタクロースのところへ。
これが絵で描かれたおはなしではなく、写真というところが、スゴいです。本当に目の前で起こっていることのような錯覚をおこして、何とも不思議な感覚。
特に7歳の娘がハマってしまって、何度も何度も繰り返し読んで楽しんでいます。
また、この本が家族で作った絵本というのにビックリしました。主人公の女の子のお母さんが文章をかき、お父さんが写真をとっているそうです。それもまた素敵だなぁと思いました。
(クッチーナママさん 30代・ママ 女の子10歳、女の子7歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 地震がおきたら
    地震がおきたらの試し読みができます!
    地震がおきたら
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    地震がおきたらどうするの? 消防士さんは助けてくれるの? 家族で読んでほしい一冊。

なかがわ ちひろさんのその他の作品

まほろ姫とにじ色の水晶玉 / きょうりゅうたちのクリスマス / サイモンは、ねこである。 / ペペットのえかきさん  / おたすけこびとのにちようび / きょうりゅうたちがけんかした



『文様えほん』谷山彩子さんインタビュー

サンタクロースの おてつだい

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット