新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
つばさをもらった月

つばさをもらった月

作: 八百板 洋子
絵: 南塚 直子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,408 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「つばさをもらった月」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1993年06月
ISBN: 9784593593224

ベストレビュー

ブルガリアの民話

ブルガリアの民話です。

昔、子供のいないおじいさんとおばあさんが、毎晩、毎晩、お月様

に「どうか、娘を授けて下さい」とお願いしたら、金色のくちばしに

金色の足をしたカモが授かったので、カモを子供として可愛がっ

て育てました。カモが娘になって、部屋を片付けたり、夕飯の支度

新しいシャツも縫ってあったので、不思議に思って娘の正体を

知ることになります。娘可愛さのあまり、翼を焼いてしまった二人

でした。その気持ちがわかるだけに、おじいさんとおばあさんの

切ない気持ちばかり考えてしまった私でした。でも、月が空に帰れ

ないと、闇夜になってしまうから、仕方ないことだと思いました。
(押し寿司さん 70代以上・じいじ・ばあば )

出版社おすすめ


八百板 洋子さんのその他の作品

あっくんとデコやしき / ブルガリアのむかしばなし 金の鳥 / 猫魔ヶ岳の妖怪 / ほしをもったひめ セルビアのむかしばなし / 日本と中国のおひめさま かぐやひめ / アンデルセンのおひめさま にんぎょひめ

南塚 直子さんのその他の作品

うさぎのバレエだん / やさしいたんぽぽ / なぞなぞアンデルセン / 月まつりのおくりもの / ぽぽとクロ / ことり


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > つばさをもらった月

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

つばさをもらった月

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット