新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

  • 絵本
作: 庄野ナホコ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2014年10月
ISBN: 9784061325920

AB/32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

口は悪いけれどちょっとトホホな、愛すべき猫のコンビ、ルッキオとフリフリ。夏のお話「おおきなスイカ」に続いて、今度はクリスマスのお話です。
最近耳にした「ネコカン」なるものが食べてみたい!そんな夢を胸にネズミ退治で日銭をかせぐ相変わらず貧しい二匹。ある日、御用聞きに寄った大家さんの家で、クリスマスとサンタさんについて教えてもらいます。
「オレたちも サンタさんて ひとから プレゼント もらえるかも しれねえな。」
ネコカンのために、ルッキオとフリフリはツリーを作ります。松の枝を折って浜で拾った貝殻やガラスを飾って、くつしたをつるせば完成です。ふつうのツリーとはだいぶ違う出来栄えですが、肉球が汗ばむほど夢中で作ったクリスマスツリー。ふたりは「とっても いい!」と思うのです。さあ明日はクリスマス・イブ。ふたりに、マグロのネコカンを囲む素敵なクリスマスはやってくるのでしょうか。

甘くないけれどなんだか和んでしまう、ルッキオとフリフリの世界。すでにはまってしまっている方も多いはず。今作も、寒空の下でマフラーを巻いた2匹のたたずまいが味わい深く、猫好きにはたまらない、猫たちのふてぶてしい表情やうれしそうな表情、しぐさのひとつひとつも見逃せません。
クリスマスも一味違う、ルッキオとフリフリの世界に、たっぷり浸ってくださいね。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

出版社からの紹介

マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。
人気イラストレーター・庄野ナホコさんがおくる、アニキ分・ルッキオとおとうと分・フリフリのでこぼこコンビ猫の絵本シリーズ第二弾。デビュー作『ルッキオとフリフリ おおきなスイカ』と同様、相変わらずお腹が空いているルッキオとフリフリ。そこはかとなく哀愁を漂わせながらも、どこかユーモラスな雰囲気のある絵本です。お子様はもちろん、猫好きの大人たちにもぜひ読んで頂きたい作品です。

ベストレビュー

ステキなクリスマス

このお話は二匹の猫がマグロの缶詰をサンタさんに頼むお話でした。二匹はとっても心がきれいで、自分たちで人間の家にあったクリスマスツリーを松の木で作ったりしてサンタさんを待ち望んでいる姿がキュンとなりました。でも、サンタさんはマグロではなくカツオの缶詰を持ってくるというオチがかわいかったですね。
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

庄野ナホコさんのその他の作品

【大型判】二番目の悪者 / バレエのおけいこ / しろくまきょうだいのセイウチまつり / どうぶつのかぞく ホッキョクグマ ちびしろくまのねがいごと / せかいいちのいちご / 北極サーカス


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

4月の新刊&オススメ絵本情報

ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット