あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくものの試し読みができます!
作: 大久保 雨咲 絵: 相野谷 由起  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
こころがふっとかるくなる あたたかいおはなし
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ものだま探偵団(2) 駅のふしぎな伝言板
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ものだま探偵団(2) 駅のふしぎな伝言板

  • 児童書
作: ほしお さなえ
絵: くまおり 純
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年07月09日
ISBN: 9784198638320

小学高学年
B6判/264ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ものにやどった魂=「ものだま」の声が聞こえる坂木町に引っ越してきた五年生の七子。クラスメイトの鳥羽は、ものだまが引き起こす事件を解決する「ものだま探偵」、七子も助手を勤めることになった。最近、坂木駅で、自分がどこに行こうとしているのかを忘れる人が続出、きっとものだまの仕業だ、と二人は捜査を開始する。どうやら、意味不明のカタカナが書いてある改札の横の伝言板があやしい…。鳥羽は、暗号かもしれないと、解読にとりかかり…?

ベストレビュー

電報略号の話

(1)では、この町に引っ越してきた七子の不思議な体験と
それを解明してくれた新しい友人鳥羽との出会いなどが描かれていました。
今回は、ものだまのいる家庭にすっかり慣れた七子が、
また事件に遭遇してしまいます。
今度も鳥羽が鮮やかな、なぞ解きをします。
昔の鉄道の話や、謎の伝言に使われた、電報略号の話などが
細かく出てきて面白いです。
(capellaさん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ほしお さなえさんのその他の作品

ものだま探偵団(4) わたしが、もうひとり? / 活版印刷三日月堂 星たちの栞 / ものだま探偵団(3) ルークとふしぎな歌 / ものだま探偵団(1) ふしぎな声のする町で / お父さんのバイオリン

くまおり 純さんのその他の作品

春に訪れる少女 / 禎子の千羽鶴 / 講談社青い鳥文庫 わたしの、好きな人



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

ものだま探偵団(2) 駅のふしぎな伝言板

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット