新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島

光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島

  • 児童書
作: 朽木 祥
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2013年10月11日
ISBN: 9784062183734

四六版/192ページ

年齢別絵本セット&学年別児童書セットの小学6年生向けベストセレクション

出版社からの紹介

真夏の夜、元安川に、人々は色とりどりの灯籠を流す。光を揺らしながら、遠い海へと流れていく――。
68年前の8月6日。広島上空で原子爆弾が炸裂した。そこに暮らしていた人々は、人類が経験したことのない光、熱線、爆風、そして放射能にさらされた。ひとりひとりの人生。ひとりひとりの物語。そのすべてが、一瞬にして消えてしまった。
昨年、原爆をテーマに研ぎ澄まされた筆致で『八月の光』を世に問うた朽木祥が、今回、長編で原爆を描ききる。
日本児童文学者協会新人賞をはじめ、産経児童出版文化賞大賞など多数の賞に輝く朽木祥が、渾身の力で、祈りをこめて描く代表作!

ベストレビュー

知ることから。

親の世代も祖父母の世代さえも戦争や原爆投下について知らない、そんな子供たちが多くなってきた現代。
もう知るすべは限られてきているのでしょう。
そういう意味でも、こういう本はとても意義のある、多くの方に読んでほしい本に思いました。
切なくて悲しくてやるせないのですが、知ることにより未来を担う者たちは、当時の方達の想いを未来に繋げていかないとと思いました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


朽木 祥さんのその他の作品

かはたれ 散在ガ池の河童猫 / さくら村は大さわぎ / 月白青船山(つきしろあおふねやま) / バレエシューズ / 八月の光 失われた声に耳をすませて / まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽん


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > 光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島

4月の新刊&オススメ絵本情報

光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット