話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島

  • 児童書
作: 朽木 祥
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2013年10月11日
ISBN: 9784062183734

四六版/192ページ

年齢別絵本セット&学年別児童書セットの小学6年生向けベストセレクション

出版社からの紹介

真夏の夜、元安川に、人々は色とりどりの灯籠を流す。光を揺らしながら、遠い海へと流れていく――。
68年前の8月6日。広島上空で原子爆弾が炸裂した。そこに暮らしていた人々は、人類が経験したことのない光、熱線、爆風、そして放射能にさらされた。ひとりひとりの人生。ひとりひとりの物語。そのすべてが、一瞬にして消えてしまった。
昨年、原爆をテーマに研ぎ澄まされた筆致で『八月の光』を世に問うた朽木祥が、今回、長編で原爆を描ききる。
日本児童文学者協会新人賞をはじめ、産経児童出版文化賞大賞など多数の賞に輝く朽木祥が、渾身の力で、祈りをこめて描く代表作!

ベストレビュー

忘れてはいけないこと、忘れられないこと    

作者の朽木祥さんは1957年広島に生まれた、被爆二世の女性だ。
 デビュー作『かはたれ』以降、児童文学で数々の受賞歴を持つ児童文学者で、広島の原爆を扱ったこの作品も児童文学に括られるでしょうが、成人が読んでも十分に鑑賞できるし、むしろどの世代であっても多くの感動が得られることと思う。

 主人公は12歳になる中学生の希未。
 終戦から25年とあるから、物語は昭和45年の広島だろう、おそらく主人公の年齢はほぼ作者と同じと思われる。
 希未のまわりにはまだたくさんの戦争の犠牲者、原爆の被害者がいた。
 美術部の顧問吉岡先生もその一人。あの日の原爆で許嫁であった女性を亡くしている。
 身近な人にそんな悲しい出来事があったことさえ、あれから25年も経つと忘れていることに希未たちは愕然となって、身近な人たちの悲惨な体験を学ぼうと決める。
 あの朝、ぐずる息子を叱り、追いやるように学校にせかした母の、悲しい後悔。
 大きな骨の周りに寄り添う六つの小さな骨は、あの日原爆の犠牲にあった女先生とその先生を慕った学生たちではないか。
 原爆だけではない。希未の母にも秘密があった。それはかつての恋人が遠い戦場で亡くなったこと。
 愛する人を戦争で、原爆でなくなった、その事実を12歳の少女は知ることになる。
 そして、そんな大切な人を忘れないということも。

 この作品には「小山ひとみ」という戦争を詠んだ無名の歌人の歌が何度も出て来る。
 朽木が書くように、世界にはたくさんの「小山ひとみ」がいるだろう。
 それは何十年経っても忘れてはいけない。
(夏の雨さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


朽木 祥さんのその他の作品

月白青船山 / バレエシューズ / 八月の光 失われた声に耳をすませて / まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽん / あひるの手紙 / 花びら姫とねこ魔女


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > 光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット