ねむねむごろん ねむねむごろん ねむねむごろんの試し読みができます!
作・絵: たなかしん  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
\毎日の寝かしつけに/ おやすみ前に ”ねむねむポーズ” してみよう!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
講談社青い鳥文庫 妖精チームG事件ノート クリスマスケーキは知っている
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

講談社青い鳥文庫 妖精チームG事件ノート クリスマスケーキは知っている

  • 児童書
原作: 藤本ひとみ
文: 住滝良
絵: 清瀬赤目
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィークも配送実施
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥740 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年11月13日
ISBN: 9784062854528

小学上級から
新書/336ページ

出版社からの紹介

ケーキが大好きな小学5年生の立花奈子は、かなりの天然系。いつも姉・彩に心配されている。ある日、「結婚相手を見つける」ために、進学塾秀明の特別クラス「妖精チームG(ジェニ)」に入り、3人の天才少年たちと出会う。宿題の出ないGでの最初の課題は、なんと超大型のクリスマスケーキを作ることだった。それを指導するのは、高校生の若武、上杉の両先輩。そんな中思いもかけない事件が起こって・・・。

ベストレビュー

IQ260

落ちこぼれのような扱いだった主人公が、実はIQ260!すごい設定です。

が、進学塾で天才コースを作ったときの他のメンバーも、あらかたその程度のIQってかっこよすぎ。

でも思いのほか、みんなそれぞれに欠点なんかもあったりして、主人公も天然ぼけだし、小学生にも楽しく読めます。

小3の娘も飽きずに読んでいました。

シリーズ1作目ですが続きもすぐ読みたいと思います。親にも面白かったです。

ちなみに、母親が塾で恋人を見つけなさい、というのでどんなおかしな親かと思ったら、天才すぎるから相手に困るだろうからという母心だったんですね。納得。
(えみりん12さん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はんぶん タヌキ
    はんぶん タヌキ
    作:長 新太 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これからタヌキが化けますよ! 予告するのはいいけれど、半分どころかほとんど化け残るタヌキのお話
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本

藤本ひとみさんのその他の作品

探偵チームKZ事件ノート 消えた黒猫は知っている / 探偵チームKZ事件ノート 恋する図書館は知っている / 失楽園のイヴ KZ Upper File / 探偵チームKZ事件ノート ブラック教室は知っている / 探偵チームKZ事件ノート コンビニ仮面は知っている / KZ’ Deep File 断層の森で見る夢は

住滝良さんのその他の作品

探偵チームKZ事件ノート 危ない誕生日ブルーは知っている / 学校の都市伝説は知っている ―探偵チームKZ事件ノート― / アイドル王子は知っている / 本格ハロウィンは知っている ―探偵チームKZ事件ノート― / 5月ドーナツは知っている ―妖精チームG事件ノート― / 探偵チームKZ事件ノート 妖怪パソコンは知っている

清瀬赤目さんのその他の作品

降矢木すぴかと魔の洋館事件 / 講談社青い鳥文庫 妖精チームG事件ノート 星形クッキーは知っている / 学研まんが NEW日本の歴史(10) 近代国家への歩み



林木林さん×ねじめ正一さん対談インタビュー

講談社青い鳥文庫 妖精チームG事件ノート クリスマスケーキは知っている

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット