まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ふたりのねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふたりのねこ

  • 絵本
著者: ヒグチ ユウコ
出版社: 祥伝社

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ふたりのねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年11月28日
ISBN: 9784396460495

A4天断正方形32ページ上製本・カバー付

この作品が含まれるテーマ

みどころ

心の奥底をつままれて、そのピンクになった部分が痛くてぎゅうっとなる。
でも、あとからそこがジンジンと熱くなるような感覚。
ちょっとだけほっとして、ちょっとだけ悲しくなるような。
だれかの幸せを遠くで願うことは、本当はこんな気持ちなのかもしれない...。
読み終わったあと、そんな気持ちにさせてくれる優しい二匹の猫の物語です。

キイロの表紙に描かれた繊細な猫のイラスト。
公園でめぐりあった二匹の猫が主人公です。
一匹は、ある日突然ひとりぼっちになってしまった猫のぬいぐるみ「ニャンコ」。
もう一匹は、公園で「ニャンコ」をひろってくれた野良猫の女の子「ねこ」。

「ニャンコ」に「ねこ」はいいます。

「そのおうち、さがそうよ」
「だから あたしたち、かぞくよ」

夏の終わり、二匹はあてもなく「ニャンコ」の持ち主である「ぼっちゃん」をさがし始めます。
すこしずつ、すこしずつ、心の距離を縮めていく「ニャンコ」と「ねこ」。
でも、別れは突然にやってきます。
そのとき、「ニャンコ」は・・・?

ヒグチユウコさんの描く動物は、どこか不思議でちょっと怖くて
なぜか目が離せなくて、そして圧倒的に妖しく美しいのです。
心がざわざわします。ぐらぐらします。
「生きてる」を感じさせます。

これまでもファッションブランドのEmily Temple cute、ユニクロ、ホルベイン画材
あちゃちゅむ、ninitaなど数多くの企業とのコラボを展開し活躍されてるヒグチさん。
資生堂マジョリカマジョルカのポスターやCMに釘付けになった方もいるかもしれませんね。

この絵本は、もともとはバッグの付録絵本で大絶賛だったもの。
今回、新たに表紙を描き下ろし、新装版絵本として出版されました。
ページごとに繰り広げられるヒグチさんの描く「ニャンコ」と「ねこ」の心象世界。
美しいだけではない、心のどこかにひっかかる絵本です。
あなたはどんな風に感じますか。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

ふたりのねこ

出版社からの紹介

付録付き絵本として大絶賛の記憶も新しい本作品が、表紙描き下ろし&カバー付き絵本として装いも新たに新発売。筆者の息子くんが大事にしている猫のぬいぐるみ「ニャンコ」と、公園に住む野良猫のおんなのこ「ねこ」の出逢いと別れが描かれた、切なく心暖まるファンタジー絵本です。

ベストレビュー

絵はすごくいいのに

ミステリアスでノスタルジックかつファンタジーを感じさせる、
すごくいい絵です。
動物たちのリアルな頭と不似合いな体も
異国風の絵柄のようで、品を感じさせます。
特に枝に止まったカラスの絵は、まるでうねうねと動くかのような、まるで得体の知れない生き物のような花で作者のセンスを感じさせます。

話の立ち上がりも興味をひき、
捨てられたぬいぐるみというせつない境遇も興味をひきます。

が、文章に圧倒的にセンスがない…
民話にありがちな繰り返し問答は意味を含められないのならやめましょう。

また、表現が露骨で話の余韻というか、含みがありません。
ぬいぐるみが人間にいじめられるところの描写、
猫がドライな性格であるところの描写、
作者は安っぽいドラマや映画ばかり見て来たのではないでしょうか。
せっかく味わい深い絵を描くのですから、
質の高い作品を目指してほしいと思います。
(一染さん 70代以上・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヒグチ ユウコさんのその他の作品

ヒグチユウコ画集 CIRCUS / ほんやのねこ / 満月の娘たち / いらないねこ / すきになったら / ギュスターヴくん



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

ふたりのねこ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット