新刊
ぱんつさん

ぱんつさん(ポプラ社)

ずぼずぼずぼっとあらわれた、ぱんつさん。いっちに、いっちに、たいそうをはじめるけど…。想像を超える展開がクセになる本。

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

たいようのきゅうでん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たいようのきゅうでん

  • 絵本
作: 三輪滋
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年10月
ISBN: 9784835451282

AB 32ページ

出版社からの紹介

太陽がつくる「すぱげってぃ」のシーンに心を奪われた子供たちが続出した、伝説の絵本がついに単行本化!宇野亜喜良氏、土井章史氏(トムズボックス代表)も推薦!道に迷った旅人が見つけたのは、誰も居ない宮殿…。そこは、太陽の宮殿だったのです。日本人離れした独特な色彩感覚で描かれる、ディス・イズ・ザ・“三輪滋”ワールド。どこかオリエンタルな雰囲気の森の宮殿で旅人をもてなしたのは、な、なんと、太陽だった!?これまで書店販売がされなかったにも関わらず、多くの人の“記憶”に残り続ける伝説の絵本『たいようのきゅうでん』。
◇「30年近くずっと忘れられずに心に残っている絵本」
◇「おいしそうなスパゲッティと、太陽のリアルな絵が忘れられない」
◇「絵のインパクト、太陽の表情、スパゲッティの美味しそうなこと、不思議な世界にひきこまれ、何度も繰り返し読んだ事、忘れられないです」
熱意あふれる多くの復刊リクエストに応え、初の単行本化がついに実現!ページを開いて、もう一度あの「すぱげってぃ」に心ときめかせよう!

たいようのきゅうでん

たいようのきゅうでん

ベストレビュー

太陽が作るスパゲッティ

意外性と楽しさに満たされた作品です。
太陽を人格化して、それが女性だったという意外感。
女性である太陽が仕事を終えて帰宅してからの家庭生活。
お風呂に入ったり、ベッドで休んだり…は良いとして、得意なスパゲッティを料理したりお酒を飲んだり…って何なんでしょう。
太陽が寒がりだったというについては、これ以上のビックリはありません。
家庭的な太陽の宮殿を訪れた旅人。
素晴らしいシチュエーションに拍手喝采です。
絶対読み聞かせに使います。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


三輪滋さんのその他の作品

おばあちゃん / せんそうごっこ / ひとり


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > たいようのきゅうでん

ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

たいようのきゅうでん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット