ちいさな魔女とくろい森 ちいさな魔女とくろい森 ちいさな魔女とくろい森の試し読みができます!
作: 石井 睦美 絵: 岡田 千晶  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
石井睦美さんの美しい言葉と岡田千晶さんの幻想的な絵で贈る絵本
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
はばたけ!ツバメ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はばたけ!ツバメ

  • 絵本
写真・文: 孝森 まさひで
出版社: そうえん社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年04月25日
ISBN: 9784882644521

小学校低学年〜

出版社からの紹介

桜が咲く季節になると、日本に渡ってくるツバメ。どんなふうに巣作り、子育てをしているのでしょう? 巣がつくられ、ヒナたちが元気にえさを食べるようすを美しい写真で紹介します。ツバメをこよなく愛するカメラマンによる写真絵本です。巻末には、ツバメの観察に役立つページもついています。

ベストレビュー

春の終わり頃になるといつも……

(科学)写真絵本です。
この絵本を見ると大まかですが、ツバメの子育ての様子がわかります。
わたしは関東地方に住んでいるので、このあたりで春の終わりから夏の初めにかけてよく見かけるツバメは、「ツバメ」というツバメなんですね。
他にも少し色や形が違うツバメが日本では4種類、全部で5種類みられるそうです。

のっけから、この本は面白い!と、思わせてくれたのが、ツバメの鳴き声についての備考で、

“つばめのさいずりをよくきくと、「つちくって、むしくって。しぶーい」ときこえるよ”という文でした。


こんな風に聞こえると、昔話で聞いたことがあったので、導入としてすごくいい感触でした。
今度ツバメを見かけたら、よく聞いてみようと思います。

あと、巣から顔を出しているヒナたちはとてもかわいいですが、
親鳥が運んでくるヒナの食料って、結構原形のままの昆虫だったんですね。
ツバメがよく見られる時期に子どもたちに紹介したいですね。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

孝森 まさひでさんのその他の作品

生きものをはぐくむ棚田の米づくり



子どもが喜ぶ「うんち」がいっぱい!世界20ヵ国以上で翻訳の絵本

はばたけ!ツバメ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット