しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ウマがうんこした
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ウマがうんこした

  • 絵本
写真: 福田 幸広
文: ゆうき えつこ
出版社: そうえん社

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ウマがうんこした」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年01月09日
ISBN: 9784882644545

小学校低学年〜

ベストレビュー

めくってもめくっても“ウンコ”……。

福田幸弘さんの写真は結構好きです。
ご自身がテーマにしている通り、色々な生き物たちの“しあわせの瞬間”が見えてきます。
この本で紹介されている馬たちは、宮崎県都井岬の野生馬で自然の中で放し飼いにされています。
馬はキライでないので、ケンカしたり、変顔したり、お母さんに甘えたりしている馬たちの姿はとても微笑ましく見ることができましたが、
この本のタイトルは「ウマがうんこした」なので、(なぜ、作者はあえて“ウンコ”にスポットを当てたのでしょう?)
当然“ウンコ”をしているシーンや馬の“ウンコ”そのものがたくさん出てきました。
排泄するということはとても大切なことですが、めくってもめくっても登場してくるので、読んでいるうちにゲンナリしてしまう自分がいました。
良くも悪くも強烈な写真絵本です。
ハッキリしていて遠目も利きますが、大勢を対象とした読み聞かせにはあまりお勧めできません。
子どもたちに紹介するなら、テーマを決めてブックトークで紹介するくらいがベストかと思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


福田 幸広さんのその他の作品

クルミの森のニホンリス / だいすきシリーズ1 どうぶつおやこ / だいすきシリーズ2 どうぶつあっぷっぷ / おしりポケット ウォンバットのあかちゃん / うさぎ島 会いに行けるしあわせ動物 / パンダちゃん

ゆうき えつこさんのその他の作品

ママ、あのね / オオサンショウウオ / ねむいんだもん / うさぎじまのうさぎちゃん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 生物学 > ウマがうんこした

【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

ウマがうんこした

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット