新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

なにがちがうの?アスペルガー症候群の子の見え方・感じ方

なにがちがうの?アスペルガー症候群の子の見え方・感じ方

監修: 内山登紀夫
編: 尾崎 ミオ
出版社: ミネルヴァ書房

税込価格: ¥1,980

「なにがちがうの?アスペルガー症候群の子の見え方・感じ方」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2014年01月25日
ISBN: 9784623069910

AB・56ページ

出版社からの紹介

アスペルガー症候群の子がどのように見ているか、感じているかを、小学校生活の場面で紹介。さきさん、るりさん、こうへいくん、しょうごくんが登場、自分のことばで語ります。まわりの子からすると、勝手でわがままにみえる行動にも、ちゃんと理由があって、その子にとってはむしろそう行動するのが自然、ということがわかるはず。知らないと腹が立ったりけんかになったりすることも、おたがいの感じ方がわかれば、きっといい解決法が見つかります!

[ここがポイント]
●第1章ではタイプの違う4人の小学生が、それそれの見え方・感じ方、行動の意味を話す
●学校生活でありがちな場面、できごとをとらえて構成
●ほのぼのコミカルなイラストが内面も描く
●「ぼく」「わたし」にとってどうしてくれるのがいいかを、「グッド!」と「NG」の対比で提示
●第2章では脳のはたらきとアスペルガー症候群の関係について小学生にもわかるように解説
●多くの人と違う感覚についての証言ページ、アスペルガー症候群の知識とつきあい方のポイントQ&Aのページも掲載
●何年生でも読めるふりがなつき

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


内山登紀夫さんのその他の作品

家庭と保育園・幼稚園で知っておきたい ASD 自閉スペクトラム症 / 発達と障害を考える本(2) ふしぎだね!? 新版 アスペルガー症候群[高機能自閉症]のおともだち / 発達と障害を考える本(1) ふしぎだね!? 新版 自閉症のおともだち / 発達と障害を考える本(4) ふしぎだね!? 新版 ADHD(注意欠陥多動性障害)のおともだち / 発達と障害を考える本(3) ふしぎだね!? 新版 LD(学習障害)のおともだち / 特別支援学級・通級でできる発達障害のある子の学校生活支援


絵本ナビホーム > 一般 > 全集・双書 > 社会 > なにがちがうの?アスペルガー症候群の子の見え方・感じ方

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【大日本図書株式会社】

なにがちがうの?アスペルガー症候群の子の見え方・感じ方

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット