まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おばけのあんみつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばけのあんみつ

  • 絵本
作: 国松 エリカ
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年11月20日
ISBN: 9784097265603

出版社からの紹介

時は戦国時代、に近い時代、かな?お菓子の大好きなおとのさまが住む、あんころ城に毎夜おばけが!家来たちは怖がって、退治もできません。そこでおとのさまは、大鍋に寒天を煮溶かすと、おばけ達に手紙を書いてごちそうするからいらっしゃいと招待しました。喜んだおばけたちは、用意されたいい湯加減のお風呂に入ってごちそうを食べていると、あれっ、あれれっ、身体が動きません。なんと、お風呂は寒天のお風呂だったのです。さてさておとのさまはおばけ達をどうするのでしょうか?絵本のタイトルの「おばけのあんみつ」をはじめ、巨大なおはぎで合戦がはじまる「おはぎのかっせん」、カピタンを招待してのお月見の会でたぬきがお団子にばける「たぬきのおだんご」、おてんばなお姫様がお雛様と一緒にお城を抜け出す「たんぽぽきんとん」の4話を収録。

【編集担当者からのおすすめ情報】
「フンガくん」シリーズをはじめ、丁寧でやさしい画と想像力溢れるお話で定評がある絵本作家、国松エリカさんの最新絵本です。絵本雑誌「おひさま」にシリーズ連載された中から、特に読者に好評だった4話を収録しました。季節感あふれるお話は、親子での読み聞かせにぴったりです。

ベストレビュー

ユーモアいっぱいの4つのお話!

図書館から借りてきて、5歳と10歳の娘たちと読みました。

「おはぎのかっせん」「おばけのあんみつ」
「たぬきのおだんご」「たんぽぽきんとん」。
お菓子の大好きな、あんころ城のおとのさまが繰り広げる4つのお話が収録されています。
どのお話も、美味しそうなお菓子とユーモアに溢れていて楽しい!
お彼岸にお月見、雛祭りなど、季節感もいっぱいなので一年中楽しめる一冊です。
我が家では、「おばけのあんみつ」のお話が一番人気でした。
国松エリカさんの絵も可愛くて色彩も綺麗です(^^)。
次女がとても気に入ったようで「この本、欲しいな〜」と言っていました。

「おひさまのほん」ということで、隠れキャラとしてパン屋のろくちゃんも発見!(^^)
娘たちが嬉しそうでした♪

シリーズ化されて、どんどん続刊が出るといいな〜♪(^^)
和菓子が大好きなお子さんには特におススメ!
4〜5歳くらいのお子さんからピッタリの一冊だと思います。
おもしろいですよ!(^▽^)
(ゆりわんちゃんさん 30代・ママ 女の子10歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


国松 エリカさんのその他の作品

お正月 / おやつなんだろう? / えっちゃん ええやん / いたずら おおかみくん / ぐずりっこフンガくん / からかさにざえもん



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

おばけのあんみつ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット