貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ぽちの きた うみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぽちの きた うみ

  • 絵本
作・絵: 岩崎 ちひろ
出版社: 至光社 至光社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1974年
ISBN: 9784783400677

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

夏休みがきて、ちいちゃんは海辺のおばあちゃんの家へ。でも仲よしのポチを連れては行けない。海へ行く喜びと、ポチへの思いがやさしく揺れ動く。

ベストレビュー

はやく きてね

ちいちゃんからぽちへの手紙が、しみじみしました。最後の「はやく はやくね」とおおきく書かれた文字から、ちいちゃんの気持ちがとても伝わってきます。
こんな手紙をうけとったら、おとうさんだって心を動かされるだろうなと思いました。ぽちがおばあちゃんの家についた時、ちいちゃんはどんなに喜んだことでしょう。

ちいちゃんが赤い水着を着て、ぽちと砂浜を駆け回る姿は本当に楽しそうです。ちいちゃんのはしゃぐ声やぽちの鳴き声が聞こえてきそうです
(どくだみ茶さん 30代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岩崎 ちひろさんのその他の作品

いのちのバトン / みんなほんもの / げんきに なったひ / ビッグえほん ひさの星 / ちひろの絵本 全6冊セット / ちひろの詩 



しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

ぽちの きた うみ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット