おてて だあれ? おてて だあれ? おてて だあれ?の試し読みができます!
作: ふくなが じゅんぺい 絵: たかしま てつを  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
おててが どうぶつに大変身! 親子で楽しむ、手あそび絵本。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ラーゲルレーヴのおばあちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ラーゲルレーヴのおばあちゃん

  • 絵本
文・絵: 司 修
出版社: ぷねうま舎

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ラーゲルレーヴのおばあちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年10月24日
ISBN: 9784906791361

A5判46頁 上製

みどころ

クリスマスなのに、わたしはおばあちゃんと二人きり。
さびしくて、しょんぼりしているわたしを見て、おばあちゃんがしずかにお話をはじめます。
「むかーし、むかしね」

月も星もない、真っ暗な夜。男の人が家々の扉をたたいて、火を少しいただけないかとお願いしてまわっていました。
「あかんぼうが生まれたんです。火をかしてください」
だけど、どの家も扉を開けてくれません。
男の人が家のない野原まで歩いていくと、遠くに小さな火が見えました。
そこに行くと、火のまわりにたくさんの羊たちが眠っていました。
男の人が火をもらおうと手を差し出した時、いじわるそうな羊飼いが目を覚まし、つえをビューンと飛ばします。ところが・・・。
男の人の不思議な力を感じた羊飼いは、火をあげたあと、後ろをつけていきます。そこで彼はとても大切なものを目にするのです。

画家の司修さんが、聖書民話から美しく優しい物語を繊細で洗練された絵で描きます。
ラーゲルレーヴとは、『ニルスのふしぎな旅』の作者である北欧の女性作家。彼女の口を借りて語り出すというそのお話には、人をおもいやる心、手をつないで生きる喜び、そして人の温かさがあふれています。
雪に囲まれて静かで色のないわたしをとりまく世界が、おばあちゃんの話を聞いているうちに、少しずつ明るく賑やかな空間に移り変わっていく様子。読み終わった後には、絵本の中のわたしと同じように、何かに見守られているような幸せな気持ちになれるのです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

「むかーし、むかしね」とおばあちゃんがしずかにお話をはじめます。

画家司修が、文と絵で編み上げた、美しく、懐かしいおはなし。
『ニルスのふしぎな旅』を書いた北欧の女性作家ラーゲルレーヴの口を借りて語り出す、連作聖書民話・第1弾。
神様の赤んぼうといっしょに、この世にやってきたもの、それはね、とてもとても大切なものだったの。人をおもいやる心、手をつないで生きる喜び、そして人の心の温かさ……。

ベストレビュー

一筋のあかり

 ラーゲルレーヴって、あの女性なのかなぁ・・・なんて思いつつ
ページを繰ると、ふしぎな空間の絵に引き込まれてしまった。
たね火、あかちゃん、羊飼い、ともしび・・。
樅の木のてっぺんに、灯る星。
やはりそうなんだね、メリークリスマスの心地よい一瞬を誘うえほん。
 おばあちゃんは、おはなしがとてもじょうずですね。
司修さんのやさしさに、感謝。
イエスに感謝。
(もゆらさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


司 修さんのその他の作品

かぐ、あじわう / おじぎをしたなつめやしの木 / 絵本 銀河鉄道の夜 / 絵本の魔法 / 雨ニモマケズ / グスコーブドリの伝記



『おかしになりたいピーマン』『おもちゃになりたいにんじん』岩神愛さんインタビュー

ラーゲルレーヴのおばあちゃん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 7
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット