まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
紙芝居 よぶこどり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 よぶこどり

原作: 浜田 廣介
絵: あきくさ あい
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ある日、りすは、たまごをひろい、ひながうまれます。そして、りすは大切にひなを育て、ひなは、りすを本当の母親だと思いこむのですが…。切なく、やさしい紙芝居。

ベストレビュー

とても切ない・・・

7歳の息子、3歳の娘と読みました。

ある日りすが鳥のたまごを拾い、
大切に暖めてたまごを孵し、
自分の子供として育てるお話です。

おおきくなったひなは、
りすを自分のお母さんだと信じます。
それでもある日、森の仲間から、
君はたまごから生まれたんだと言われてしまいます。

そんなの、うそだい。
自分の本当のお母さんはリスだと信じるひなのまっすぐな気持ち、
とっても心に染み入ります。

そして、ある日、ひなはリスと自分の体の違いに気付き、
巣立ってしまいます。

ひながいなくなってしまったことを知ったリス。
泣きながら、ひなを待ち続けるリス。
ものすごく切ないお話で、
なんとも言えないものがなしい気持ちになります。

拾ったたまごを自分の子供として育てるリスの愛情、
リスをお母さんと信じるひなの愛情の美しさが、
挿絵にもとってもよく現れている作品だと思います。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子7歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


浜田 廣介さんのその他の作品

ないたあかおに / 泣いた赤鬼 / こりすのはつなめ / りゅうのめのなみだ / こりすのおかあさん / よぶこどり

あきくさ あいさんのその他の作品

みずたまちゃん / ぼくとちいさなポポフ / バクのあかちゃん



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

紙芝居 よぶこどり

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット