こくん こくん
作: 村中 李衣 絵: 石川 えりこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「だいじょうぶ、きっとできる」ともだちとの心の響きあいを描いた絵本
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
十二支のどうぶつ小噺
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

十二支のどうぶつ小噺

  • 絵本
作: 川端 誠
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年12月10日
ISBN: 9784776406822

3歳から
285×218mm/32ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

みどころ

『うえきばちです』(BL出版)や「落語絵本」シリーズ(クレヨンハウス)で
人気の絵本作家、川端誠さん。
川端さんの作品には日本の伝統文化や行事を取り上げたものも多く、
十二支に関する絵本も何冊も出版されています。

この絵本も十二支を扱っているのですが、今までとはちょっと趣向が異なる様…。

2人の子どもが落語家さんに「小噺」について聞いています。
「なにかネタをだしてごらん」という落語家さんに、
「では十二支のどうぶつでやってみてください。」とネタを振る子どもたち。
落語家さんは「ねずみ」から「イノシシ」までを使って小噺を披露します。

十二支の名前や鳴き声、生体などを言葉巧みに噺に組み入れて、
披露される12の小噺は、動物をモチーフにしていることもあり、
子どもたちにとって身近に感じること受け合い。
読み終わる頃には、小さな落語家さんがたくさん生まれるかもしれません。

初笑いにオススメの一冊です。

(木村春子  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

小噺は、短い噺で、それがあつまって落語になります。今回のお題は「十二支のどうぶつ」です。まずは、ねずみから…。わかい男が食事をしていると、ねずみがちょろちょろとでてきた。なべをスパットとかぶせてつかまえた。「どうだ!おおきいねずみをつかまえた」「いやいやみてたが、ちいさい。ほら、しっぽがでている。ちいさいちいさい」「いや、おおきい」「いいや、ちいさい」……と、いっていると。なかでねずみが…。

ベストレビュー

なるほど、小噺ってこんな感じか!

自分で言うのも何ですが、私はこの手の本は結構上手に読めるはずなんですけれども、5歳の我が子に読んであげたら「はぁ?」みたいな表情で聞いていました。ちょっとまだ難しかったようです。私自身は「なるほど!」と思いつつ、くすりとしながら読みました。
(梅木水晶さん 30代・ママ 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


川端 誠さんのその他の作品

らくごえほん てんしき / 伊賀のキャベ丸 / お化けのおもてなし / 野菜忍列伝其の五 風雲しょうが丸 / 風来坊の子守歌 / おはなしばあさんと風来坊



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

十二支のどうぶつ小噺

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット