新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
オウリィと呼ばれたころ

オウリィと呼ばれたころ

著者: 佐藤 さとる
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

「オウリィと呼ばれたころ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2014年10月
ISBN: 9784652200506

中学
一般
四六判/256ページ

出版社からの紹介

佐藤さとるが「コロボックル物語」を書く10年以上前の青春期を描く。敗戦直前の疎開から、基地でのアルバイト、「小さい人」への初期からのこだわり、師匠との出会いなど1949年頃まで。初期短編「クリクルの話」「大男と小人」収録。

●編集者コメント
敗戦をはさんだ混乱の時代、作者は、いつの日か、日本の野山にむかしから住んでいるといわれる「小さな神様」に出会う物語を書こうと決心します。それはアイヌの伝説の「コロボックル(ふきの葉の下の人)」でもあり、調べると日本の神話に出てくる「少彦名(すくなびこな)」の神様とも重なってくるのでした。そして、10年以上の歳月を経て、『指輪物語』の「ホビット」よりも小さい、虫のように軽ろやかな日本の小さな神様「コロボックル」の物語『だれも知らない小さな国』が生まれるのです。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐藤 さとるさんのその他の作品

かぜにもらったゆめ / コロボックルに出会うまで / わんぱく天国 / てのひら島はどこにある / 新イラスト版 コロボックル物語 だれも知らない小さな国 / えんぴつ太郎のぼうけん


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > オウリィと呼ばれたころ

【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

オウリィと呼ばれたころ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット