まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
北国からの動物記(7) タヌキ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

北国からの動物記(7) タヌキ

  • 絵本
文・写真: 竹田津 実
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年11月15日
ISBN: 9784752006930

4-5歳から
40ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

獣医師であり写真家でもある竹田津実さんが、北海道の自然のなかで暮らしながら出会った動物たちとの交流を描く「北国からの動物記」第7弾。
今回の動物はタヌキ。

キツネの生態を研究している著者がタヌキと出会った場所は、16年ものあいだ観察してきた、とあるキツネの巣。
その巣から、なぜだかタヌキが顔を出したのです。
そんな驚くべきエピソードからはじまって、そのの生態を観察するために、著者が森でタヌキを追う写真絵本。

タヌキがキツネと共存するための工夫とは?
キツネとタヌキの子育てや食べ物の違いは?
タヌキ同士の絆の証、「ため糞」とは?

観察するなかで彼らの見せた特徴的な行動から、ときにキツネとの比較を用いて、わかりやすくタヌキの生態を描き出していく本作。
様々な季節における彼らの姿を写した写真は、少しでも音を立てればその光景がたちまちに失われてしまうというような緊張感をはらんで、大自然の繊細さを伝えています。

タヌキを観察することも、写真を撮ることも、どれもがけして容易に成し遂げられたわけではありません。
森を知り、動物を知る著者でさえ、タヌキの巣を見つけるのはひと苦労。
豊富な知識と経験を元に、地道で実直な観察の積み重ねから生まれた一冊だというのが、ひしひしと伝わってきます。
著者の活動を通して、自然がただ力強くきびしいだけではなく、同時にとても影響を受けやすい存在であり、ありのままの姿を見るには大変な工夫が必要なのだと知ることができます。

自然と動物に対する真摯な愛情にあふれたこの作品。
著者とタヌキとの触れ合いは、ただ彼らの生態だけでなく、自然との付き合い方を私たちに示してくれています。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

ある日タヌキがキツネの巣から顔を出して、びっくりの竹田津さん。タヌキの気持ちになって巣を探す。ため糞という共同トイレを探したり、タヌキの気持ちになって巣を探したり。近い種であるキツネとの比較、獣医師として看た出産、子育ての様子も紹介。

ベストレビュー

まさか!

「キツネの巣からタヌキが顔を出した」。
キツネとタヌキは共存するのでしょうか。
キツネとタヌキの子育ての違いは?
まさかタヌキの話にキツネが出てくるとは意外でした!
写真絵本なのでリアリティがあり面白さと驚きとで、とても興味がわくシリーズです。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

竹田津 実さんのその他の作品

クマゲラ / 恋文 ぼくときつねの物語 / 北国からの動物記(8) エゾリス / キタキツネのおかあさん / キタキツネのおとうさん / キタキツネの十二か月



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

北国からの動物記(7) タヌキ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット