ロングセラー
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数33万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
なんでもレストラン

なんでもレストラン(文溪堂)

いらっしゃいませ!なにが食べたいですか?次々出てくる料理に、読んでいるだけでお腹が空いてくる絵本

  • かわいい
  • ためしよみ
ブロード街の12日間

ブロード街の12日間

  • 児童書
著: デボラ・ホプキンソン
訳: 千葉 茂樹
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

クリスマス配送につきまして

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2014年11月20日
ISBN: 9784751524800

中学生
四六判/296頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ビクトリア朝のロンドンを舞台にくりひろげられる、史実をもとにした物語。
親もなく家もない13歳の少年イール。彼は、誰にも言えない秘密を抱えながら、日々の糧をみつけて暮らしていた。
夏の終わり、ねぐらにしているブロード街に、だれもが震え上がる「青い恐怖」がやってきた。それは、すさまじいスピードで町をおおいつくし……。
イールは、ジョン・スノウ博士の助手として、この恐ろしい病がどこからきたのかつきとめるため、奔走する。タイムリミットが迫る中、スノウ博士とイールは、感染源を特定し、それを証明できるのか……?

ブロード街の12日間

ベストレビュー

「コレラ菌」解明の最初の一手

面白かったです。一気に読んでしまいました。
元々、コレラ菌を研究していて、飲み水の中に菌が存在するということを突き止め発表した“スノウ博士”の記録を読んだ作者が考えた創作物語だそうで、
基本となるスノウ博士のこと、スノウ博士の研究仲間や家政婦さんなどは実在した人物を使ったそうです。
コレラ菌がどんなふうにイギリスのブロード街付近で猛威を振るったのか、私はそこに住む主人公の少年イールと伴に、スノウ博士の助手として街を走り回っているような感覚になりました。
この物語はあくまでも物語として作られていて伝記っぽくはありません。
本文だけで287ページ、作者の後書きも入れると295ページとやや長めではありますが、内容的にはグイグイ惹きつけらる素敵な文章なので、あっという間に読み終えた感があります。
中学生、高校生くらいのお子さんたちにお薦めします。
千葉茂樹さんが邦訳しているので、とっても読みやすいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


デボラ・ホプキンソンさんのその他の作品

だいすきな先生へ / ビアトリクス・ポターとかわいそうなテンジクネズミのはなし / リンゴのたび / 灯台守のバーディ

千葉 茂樹さんのその他の作品

ジョナスの かさ / ぼくの犬スーザン / いろがみえるのは どうして? / ちきゅう 45おく4,000まんねんの おもいで / 写真科学絵本 ひとすじの光 / リスタート


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > ブロード街の12日間

『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー

ブロード街の12日間

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット