ねむねむごろん ねむねむごろん ねむねむごろんの試し読みができます!
作・絵: たなかしん  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
\毎日の寝かしつけに/ おやすみ前に ”ねむねむポーズ” してみよう!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ブロード街の12日間
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ブロード街の12日間

  • 児童書
著: デボラ・ホプキンソン
訳: 千葉 茂樹
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 1章ためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年11月20日
ISBN: 9784751524800

中学生
四六判/296頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「青い恐怖」はどこからきたのか?死の病の真実を解き明かすために奔走する少年イール。ビクトリア朝のロンドンを舞台にくりひろげられる、手に汗にぎる冒険物語。

ブロード街の12日間

ベストレビュー

「コレラ菌」解明の最初の一手

面白かったです。一気に読んでしまいました。
元々、コレラ菌を研究していて、飲み水の中に菌が存在するということを突き止め発表した“スノウ博士”の記録を読んだ作者が考えた創作物語だそうで、
基本となるスノウ博士のこと、スノウ博士の研究仲間や家政婦さんなどは実在した人物を使ったそうです。
コレラ菌がどんなふうにイギリスのブロード街付近で猛威を振るったのか、私はそこに住む主人公の少年イールと伴に、スノウ博士の助手として街を走り回っているような感覚になりました。
この物語はあくまでも物語として作られていて伝記っぽくはありません。
本文だけで287ページ、作者の後書きも入れると295ページとやや長めではありますが、内容的にはグイグイ惹きつけらる素敵な文章なので、あっという間に読み終えた感があります。
中学生、高校生くらいのお子さんたちにお薦めします。
千葉茂樹さんが邦訳しているので、とっても読みやすいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


デボラ・ホプキンソンさんのその他の作品

ビアトリクス・ポターとかわいそうなテンジクネズミのはなし / リンゴのたび / 灯台守のバーディ

千葉 茂樹さんのその他の作品

たいよう 1,000おくに ひとつの たいせつな ほし / 歯のえほん / ソロモンの白いキツネ / スタンリーとちいさな火星人 / 泥 Fuzzy Mud / しぜんのかたち せかいのかたち ―建築家フランク・ロイド・ライトのお話



シリーズ累計65万部超の大ヒット!海賊たちの運命はいかに?!

ブロード街の12日間

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット