新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
サンガイジウナコラギ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サンガイジウナコラギ

内容紹介

1962年、日本からネパールへお医者さんの夫婦がやってきた。山間の病院に、遠い町や村からやってくる人々、病院に来ることができない病気の人たちへの診療と、健康相談のために奔走したドクターのお話。

ベストレビュー

忘れないで

7歳の息子と読みました。

1962年、当時の平均寿命が40歳に満たないネパールに、
日本人のドクター岩村が派遣されます。

病院に来れる人はまだ元気な病人だ。
本当に病気の人は病院に来れない。

そう気付いた岩村医師は、
ネパールの山奥まで数日かけて往診へ。

私はてっきり、ドクター岩村の献身的な国際協力の話だとばかり
思っていましたが、
もう一人、主人公がいました。

それは、歩けないおばあさんを、タンセンの病院まで運んでくれた、
名前も出てこないとあるネパール人の若者。

謝礼金も受け取らず、「サンガイ・ジウナコ・ラギ」と言い残し
去っていったネパール人の若者の姿に、
涙がでそうになりました。

今まで、「サンガイ・ジウナコ・ラギ」と思って生きてきたことが
あっただろうか?

服もボロボロ、はだしの若者が
謝礼金を受け取らずに去っていった姿に、
深く心を打たれた一冊でした。

「サンガイ・ジウナコ・ラギ」 
みんながこの言葉をちょっとでも胸に抱いて、
毎日を生きていけたら、
世界がちょっとずつ変わる気がしました。

7歳の息子も、本を読み終わった後は、
「サンガイ・ジウナコ・ラギ」を繰り返していました。
この絵本に出会えて、この言葉を知ったこと、
いつまでも覚えていてほしいと思いました。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子7歳、女の子3歳)

出版社おすすめ


岩村 史子さんのその他の作品

偕成社文庫 ヒマラヤの孤児マヤ

金斗鉉さんのその他の作品

クリスマス / 龍と雪 / ふるさと60年 戦後の日本とわたしたちの歩み / 天使の輪 / 日本名作おはなし絵本 かぐやひめ / お地蔵さまとおばあちゃん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 伝記 > サンガイジウナコラギ

似ているのはいや?自分やお友達の良いところを見つけよう

サンガイジウナコラギ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット