話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
おかめ ひょっとこ
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

おかめ ひょっとこ

  • 絵本
作: 最上 一平
絵: 陣崎 草子
出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2014年12月28日
ISBN: 9784774323701

小学校中・高学年から
266×216mm/32ページ

みどころ

「まずしい 村には、ずっと 昔から おにが きた。」
天災や飢えや争い、死、悪いことが起きるとき、そこには鬼がいました。
少女「みね」のいる村も、鬼の恐ろしい姿が常に見え隠れしているような貧しい村でした。
ある冬、父ちゃんと母ちゃんが、みねに「おかめ」と「ひょっとこ」のお面を作ってくれます。それはみねにとって、はじめての自分だけの持ち物でした。
みねは成長し山奥の村へ嫁ぎますが、その村は生まれた村よりさらに貧しく、やはり鬼はやってきました。苦しいとき、みねは嫁入り道具にしのばせてきた、おかめとひょっとこの面をを取り出します。ひょっとこは父ちゃんの顔、おかめは母ちゃんの顔。一人眺めては笑い、つけて踊れば周りも笑顔になる、鬼もそんな場所からは逃げ出すのでした。そして、みねに、人生で1番大きな鬼と対峙するときがきて・・・。

5人の子どもを抱え、働いても働いても楽にならない暮らし。みねの人生は、苦労と困難に満ちていたように見えます。けれども、米寿を迎えたみねの表情と言葉に、私たちはハッとさせられます。
「私は日本一のしあわせ者だと思います。」
笑うこと、ひたすら前を向いて生きていくこと。人間の強さとは何なのか、日本を支えてきたたくさんの「みね」たちにも思いをはせたくなる、じっくり味わいたい絵本です。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

おかめ ひょっとこ

出版社からの紹介

「私は日本一のしあわせ者だと思います。」貧しい村にうまれ、波乱万丈の人生を送ってきた主人公みね。米寿を迎えた時に、笑顔でそう語った彼女の強さとは何か?貧しい村には、昔から鬼が現れるとされ、天災や病気、飢えなどといった脅威を村人へもたらす。そんな恐ろしい鬼が、夫の勇助が住むさらに山奥の貧しい村へと嫁入りしたみねの前にもたびたび現れるようになった。みねが苦しい時には、両親がはじめて自分のために作ってくれた「おかめ」「ひょっとこ」のお面を取り出してみる。母ちゃん・父ちゃんの顔を思い出しては、元気をもらっていた。

ベストレビュー

命のつながりを感じる絵本

飢えや貧しさに負けず、つらい時期を頑張って生き抜いてくれたおばあちゃんがいるからこそ、今私たちがいるんだな。と、そのつながりに感謝の気持ちを抱きました。
子ども達は、絵で描かれているオニがいつ来るのかとドキドキしていたみたいで、そういう意味で描かれているのではないオニにちょっとがっかりしていました。

(みっとーさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ひとは なくもの
    ひとは なくものの試し読みができます!
    ひとは なくもの
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    「泣く子はきらい」ってお母さんは言うけれど、一つ一つの涙にはちゃんと理由があるんだよ!心うたれる絵本
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

最上 一平さんのその他の作品

ようかいじいちゃんあらわる / すみれちゃんとようかいばあちゃん / おばけえん / にんげんクラッシャー、さんじょう! / へんてこテーマソング / 山のちょうじょうの木のてっぺん

陣崎 草子さんのその他の作品

おきなぐさ / こだわっていこう / ウシクルナ! / おしりどろぼう / NHKオトナヘノベル 仮面シンドローム / うっかりの玉



内堀タケシさんの写真絵本「ランドセルは海を越えて」 不要になったランドセルをアフガニスタンへ届けて17年

おかめ ひょっとこ

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット