アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
おかめ ひょっとこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おかめ ひょっとこ

  • 絵本
作: 最上 一平
絵: 陣崎 草子
出版社: くもん出版

在庫あり

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年12月28日
ISBN: 9784774323701

小学校中・高学年から
266×216mm/32ページ

みどころ

「まずしい 村には、ずっと 昔から おにが きた。」
天災や飢えや争い、死、悪いことが起きるとき、そこには鬼がいました。
少女「みね」のいる村も、鬼の恐ろしい姿が常に見え隠れしているような貧しい村でした。
ある冬、父ちゃんと母ちゃんが、みねに「おかめ」と「ひょっとこ」のお面を作ってくれます。それはみねにとって、はじめての自分だけの持ち物でした。
みねは成長し山奥の村へ嫁ぎますが、その村は生まれた村よりさらに貧しく、やはり鬼はやってきました。苦しいとき、みねは嫁入り道具にしのばせてきた、おかめとひょっとこの面をを取り出します。ひょっとこは父ちゃんの顔、おかめは母ちゃんの顔。一人眺めては笑い、つけて踊れば周りも笑顔になる、鬼もそんな場所からは逃げ出すのでした。そして、みねに、人生で1番大きな鬼と対峙するときがきて・・・。

5人の子どもを抱え、働いても働いても楽にならない暮らし。みねの人生は、苦労と困難に満ちていたように見えます。けれども、米寿を迎えたみねの表情と言葉に、私たちはハッとさせられます。
「私は日本一のしあわせ者だと思います。」
笑うこと、ひたすら前を向いて生きていくこと。人間の強さとは何なのか、日本を支えてきたたくさんの「みね」たちにも思いをはせたくなる、じっくり味わいたい絵本です。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

おかめ ひょっとこ

出版社からの紹介

「私は日本一のしあわせ者だと思います。」貧しい村にうまれ、波乱万丈の人生を送ってきた主人公みね。米寿を迎えた時に、笑顔でそう語った彼女の強さとは何か?貧しい村には、昔から鬼が現れるとされ、天災や病気、飢えなどといった脅威を村人へもたらす。そんな恐ろしい鬼が、夫の勇助が住むさらに山奥の貧しい村へと嫁入りしたみねの前にもたびたび現れるようになった。みねが苦しい時には、両親がはじめて自分のために作ってくれた「おかめ」「ひょっとこ」のお面を取り出してみる。母ちゃん・父ちゃんの顔を思い出しては、元気をもらっていた。

ベストレビュー

命のつながりを感じる絵本

飢えや貧しさに負けず、つらい時期を頑張って生き抜いてくれたおばあちゃんがいるからこそ、今私たちがいるんだな。と、そのつながりに感謝の気持ちを抱きました。
子ども達は、絵で描かれているオニがいつ来るのかとドキドキしていたみたいで、そういう意味で描かれているのではないオニにちょっとがっかりしていました。

(みっとーさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。

最上 一平さんのその他の作品

飛ぶ教室 / こころのともってどんなとも / さけが よんひき / 三月十日の朝 / ユッキーとともに / 黄金の夏休み

陣崎 草子さんのその他の作品

オムライスのたまご / 桜の子 / らくごでことわざ笑辞典 / つくしちゃんとすぎなさん / おこめようちえん / らくごで笑児科



世界傑作絵本に、英語と日本語の音声CD付きが登場!

おかめ ひょっとこ

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット