新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
暗やみの中のきらめき 点字をつくったルイ・ブライユ

暗やみの中のきらめき 点字をつくったルイ・ブライユ

作: マイヤリーサ・ディークマン
絵: 森川 百合香
訳: 古市 真由美
出版社: 汐文社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2013年04月
ISBN: 9784811389752

小学校中学年から
四六判 223頁

出版社からの紹介

世界中の本を、すべて読みたい。熱い思いを抱いた、盲目のフランス人の少年が点字を発明するまでを描きます。

ベストレビュー

2週間かけて読みました。

8歳の息子と読みました。

読み聞かせには長かったのですが、
点字をこの世に生み出したルイ・ブライユについて二人で学びたく、
2週間ほどかけて、毎日少しずつ読みました。

不幸にして幼くして失明したルイが、
両親の決心でパリの王立盲学校へ入学し、
点字を考え出すまで、
そして点字が世に認められるまでの道が、描かれています。

ルイとルイの家族にとって、
失明したことは本当に不幸な出来事ではありましたが、
もしルイがいなければ、
もしかしたら点字はまだ世の中にないかもしれません。

そう思うと、まさにルイの生は、
この世に点字を生み出すために遣わされたものであるような気がしました。

ヘレン・ケラーは日本でもとっても有名なのに、
点字を作ったルイ・ブライユの話は、あまり知られていません。

もっと多くの人に、読んでほしい一冊です。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


森川 百合香さんのその他の作品

おかあさんはなかないの? / みどりの こいのぼり / ねこがおどる日 / ふうせん / おひさん、あめさん / たまごやさん

古市 真由美さんのその他の作品

ふしぎの花園 シスターランド / ルミッキ 1 血のように赤く


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学、その他 > 暗やみの中のきらめき 点字をつくったルイ・ブライユ

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

暗やみの中のきらめき 点字をつくったルイ・ブライユ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット