宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
はじめての手づくり科学あそび(2) ひかり・かげ・おとであそぼ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はじめての手づくり科学あそび(2) ひかり・かげ・おとであそぼ

  • 絵本
監修: 塩見 啓一
著・おもちゃ発案: 西 博志
イラスト・おもちゃ制作: こばようこ
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年12月29日
ISBN: 9784752006961

小学校中学年から
48ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

「どうしてだろう?」「身の回りにあるもので何かを作ってみたい」。
そんな気持ちが芽生えたときには、もう科学の入り口に立っている子どもたち。
楽しいおもちゃ作りと大好きな遊びを通して、科学となかよくなれるシリーズ第2巻です。

今回のテーマは光、影、音。
まずは身近な光を見つけてみようよ。電気、太陽、ホタルにも光があるね。
続いてやってみよう!太陽の光を鏡で跳ね返してみると・・・壁に光の模様が!
「ウォーミングアップ」で光の不思議を感じたら、いよいよおもちゃ作りに挑戦です。
一人でもできる「レベル1」の虫めがね望遠鏡、のぞき込んでみてびっくり!景色がさかさまに映ったよ。
きらきらきれいな万華鏡はちょと難しそうだけど、小さい頃万華鏡でいっぱい遊んだママも一緒に。三枚の鏡を四枚に増やしてみたら、模様が変わって見えておもしろい!

光ってなに?音ってなんだろう?当たり前に存在していてなかなか説明ができないけれど、自分でおもちゃを作って遊んでみると、いろんな発見に出会えます。
あれれ、うまくできない。作る途中でつまづきそうになったときは、「ポイント」をしっかり読んでひと工夫。
じっくり作って遊んで後はコラム「みんな!科学者」で総まとめ。目の前で起きたおもちゃの現象と光・影・音の性質が結びつけば、「?」は学びに変わるんです。

学校の先生をされていた監修の塩見啓一さん、おもちゃ発案の西博志さんは、子どもの素朴な疑問に寄り添った、そしてつい夢中になっちゃう楽しいおもちゃを紹介してくれています。
イラストのこばようこさんはおもちゃの制作も担当、その色使いやかわいいデザインにもご注目を!
いろいろ作って遊んで工夫して、科学と友だちになってくださいね。

(竹原雅子  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

手作りおもちゃで科学がみえる?!身のまわりのものを使っておもちゃを作り、たのしく科学であそぼう!「みんな科学者」のページでは、子どもたちの身近な疑問に答えます。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


塩見 啓一さんのその他の作品

はじめての手づくり科学あそび(3) かぜ・くうき・みずであそぼ / はじめての手づくり科学あそび(1) ゴム・ばね・おもりであそぼ

こばようこさんのその他の作品

海の生きもの つかまえたら どうする? / どうぶつのかぞく ライオン レオ たいせつなゆうき / こだぬきコロッケ / さやかちゃん / ランドセル名作 3つのぼうけん/いっすんぼうし・ジャックとまめの木・シンドバッドのぼうけん / にっこりおすしとわさびくん



『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』監修者・金田一秀穂さんインタビュー

はじめての手づくり科学あそび(2) ひかり・かげ・おとであそぼ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット