新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
森の戦士ボノロン(2) よっぱらいのゴンの巻

森の戦士ボノロン(2) よっぱらいのゴンの巻

  • 絵本
文: きたはら せいぼう
絵: ながやま ごう
プロデュース: はら てつお
出版社: コアミックス

税込価格: ¥1,320

「森の戦士ボノロン(2) よっぱらいのゴンの巻」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年08月01日
ISBN: 9784902022599

B5 24ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

本当のやさしさ、本当の強さって・・・?ボノロンとゴンがはじめて出会うお話です。

のら犬のゴンは、朝からお酒を飲んでよっぱらっていました。
そんなゴンを見て、村人たちは石をなげつけたり
ぼうでなぐりつけたりしています。
ゴンはいつも、村人たちの台所からお酒をぬすんでいたのです。
毎日いためつけられ、ゴンはきずだらけでした。

ゴンのねぐらは、大きなイチョウの根元のちいさなほこら。
ゴンにはお酒を飲まなければならない、つらい理由があったのです。
イチョウの木は、その理由を知っています。
つかれはてたゴンの上に、イチョウの葉っぱがたくさん落ちてきて
ゴンをあたたかくつつみこみました。

「もうこれいじょうお酒をのんだら、オイラは死ぬワン。
だれか…助けてワン…ワン……」
ゴンの目から涙がこぼれおちた時―――。

ゴンのからだがきゅうに空に浮かびあがりました。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きたはら せいぼうさんのその他の作品

森の戦士 ボノロン(15) ガミバアのさくらの巻 / 森の戦士 ボノロン(14) ジャングルのきょうだいの巻 / 森の戦士 ボノロン(13) かめのこ島の巻 / 森の戦士 ボノロン(12) うその国の巻 / 森の戦士ボノロン(11) いつもいっしょだワンの巻 / 森の戦士ボノロン(10) 友だちになれるかなの巻

ながやま ごうさんのその他の作品

森の戦士ボノロン(9) 帰ってきたやさしさの巻 / 森の戦士ボノロン(8) 勇気の石の巻 / 森の戦士ボノロン(7) 幸せのタネの巻 / 森の戦士ボノロン(6) ママの宝ものの巻 / 森の戦士ボノロン(5) べジのゆびきり / 森の戦士ボノロン(4) カミナリ赤ちゃんの巻

はら てつおさんのその他の作品

どうぶつのこえ / あいさつ / 森の戦士ボノロン(3) 雪ホタルの巻 / 森の戦士ボノロン(1) 涙のきせきの巻


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 森の戦士ボノロン(2) よっぱらいのゴンの巻

みんなで参加しよう!えほん祭

森の戦士ボノロン(2) よっぱらいのゴンの巻

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット