新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
森の戦士ボノロン(3) 雪ホタルの巻

森の戦士ボノロン(3) 雪ホタルの巻

  • 絵本
文: きたはら せいぼう
絵: ながやま ごう
プロデュース: はら てつお
出版社: コアミックス

税込価格: ¥1,320

「森の戦士ボノロン(3) 雪ホタルの巻」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年01月01日
ISBN: 9784902022612

B5 24ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

はなればなれになっても、家族いっしょが一番のプレゼント!

大きなモミの木の下で、旅人のすがたをした石像が
ポツリとさびしそうに立っていました。
その石像は、毎年雪のふるところになると涙を流しました。

今年、流した涙はそばまでのびたモミの木の枝を伝わって木の根元にポトリと落ちました。
すると、オレンジ色の巨人ボノロンがあらわれました。

「石像なのに、なぜ涙を流すロン?」
「オラアは石像なんかじゃねえぞお」
実は石像は、魔法使いに石にされてしまった人間、ポテでした。

魔法使いはポテが持っていた「雪ホタル」が欲しくてポテを石像にしてしまったのです。
「雪ホタル」はポテの息子アポルへの誕生日の贈り物でした。

なんと、石にされてからもう3年が経っています。
毎年雪が降るとアポルの誕生日を思い出し、会いたくて泣いていたのです。

ボノロンはポテを連れて、魔法使いのところへ向かいました。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きたはら せいぼうさんのその他の作品

森の戦士 ボノロン(15) ガミバアのさくらの巻 / 森の戦士 ボノロン(14) ジャングルのきょうだいの巻 / 森の戦士 ボノロン(13) かめのこ島の巻 / 森の戦士 ボノロン(12) うその国の巻 / 森の戦士ボノロン(11) いつもいっしょだワンの巻 / 森の戦士ボノロン(10) 友だちになれるかなの巻

ながやま ごうさんのその他の作品

森の戦士ボノロン(9) 帰ってきたやさしさの巻 / 森の戦士ボノロン(8) 勇気の石の巻 / 森の戦士ボノロン(7) 幸せのタネの巻 / 森の戦士ボノロン(6) ママの宝ものの巻 / 森の戦士ボノロン(5) べジのゆびきり / 森の戦士ボノロン(4) カミナリ赤ちゃんの巻

はら てつおさんのその他の作品

どうぶつのこえ / あいさつ / 森の戦士ボノロン(2) よっぱらいのゴンの巻 / 森の戦士ボノロン(1) 涙のきせきの巻


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 森の戦士ボノロン(3) 雪ホタルの巻

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

森の戦士ボノロン(3) 雪ホタルの巻

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット