話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

那須正幹童話集5 ねんどの神さま

那須正幹童話集5 ねんどの神さま

  • 児童書
作: 那須 正幹
絵: 武田 美穂
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「那須正幹童話集5 ねんどの神さま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2014年03月31日
ISBN: 9784591138540

小学校中学年〜
20.5cm x 15.5cm/153ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

太平洋戦争がおわって1年、山の中の小学校で、ある少年が、ふしぎなねんど細工をつくった。それは、戦争をおこしたり戦争で、金もうけしたりする悪いやつをやっつける神さまだという。それから、長い年月がながれ……。表題作「ねんどの神さま」はじめ、戦争、平和についての作者の深い思いを伝える3作。

【収録作品】
「ねんどの神さま」「八月の髪かざり」「The End of the World」

ベストレビュー

戦争に対する怒り

「ねんどの神さま」、「八月の髪かざり」は再読になりますが、初めて読む最後の「The End of the World 」でショックのだめ押しをされました。
那須正幹さんのどちらかというとユーモアな作品とはまったく異なり、戦争に対する怒りと、反戦の主張が凝縮された作品集です。
それぞれにシニカルな内容が心に突き刺さります。
この作品を読まなければ、広島原爆の被爆者である那須さんの本当の姿はわからないのかも知れません。
避けて通らずに、子どもたちには是非とも読んで欲しい作品集です。
絵本で読んだ「ねんどの神さま」では、今とは全く異質な武田美穂さんの絵に驚いたのですが、その武田さんが挿絵を描かれているのも印象的でした。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


那須 正幹さんのその他の作品

めいたんていサムくんとあんごうマン / めいたんていサムくん / 秘密基地のつくりかた教えます / ヨッちゃんのよわむし / 塩田の運動会 / 少年たちの戦場

武田 美穂さんのその他の作品

ふみきり かんかんくん きょうは なんの ひ? / 紙芝居 あさのおしたく これだれの? / ゆるびーくんゆうえんちにいく / ゆるびーくんのうんどうかい / きらい きらい! / ゆるびーくんえんそくにいく


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > 那須正幹童話集5 ねんどの神さま

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

那須正幹童話集5 ねんどの神さま

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット