日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
みっとーさん 30代・ママ

とてもいい絵本でした
8月に保育所で紹介されていた絵本です。…
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ひかりのりゅう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひかりのりゅう

  • 絵本
文: 小野 美由紀
絵: ひだかきょうこ
出版社: 絵本塾出版

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ひかりのりゅう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年12月
ISBN: 9784864840583

B5変・32ページ

出版社からの紹介

王様が、ぼくの住む小さな村に遠くの街から見たこともない大きな生き物を連れてきた。その生き物は、なないろの光を吐き出すりゅうだった。その光のおかげで、村はにぎやかになった。村人が神様と祭り上げたりゅうですが、存在をめぐって村人はケンカをしてしまいます。そして、雷がりゅうの小屋に落ちた時、りゅうが大暴れして・・・。りゅうはほんとに神様なのでしょうか。

ひかりのりゅう

ベストレビュー

かみさま? 昔も今も人の課題ですね

図書館で見つけて読んでみました
ひかりのりゅうと言うタイトルです   どんなお話しかしら?興味深く思えました

そしたら いきなり    「かみさま」ってつくれるとおもう?とくるんです
お話の展開は 王様がひかりのりゅうを連れて行列
なないろのひかりをはなつ   ひかりのりゅう
このりゅうを 「かみさまじゃ!」というのですが  王様はりゅうに 光をはかせるため むりやりえさを食べさせたので・・・・りゅうはなみだをながしあばれます
人間が無理に行うことが不幸を呼ぶと言うことなのなのでしょうか
人にとっての神さま  
それぞれに 自分の神様を持っているのでしょうか  いろんな宗教がありますが  神とよばれるものはたくさんあるように思えます

ちょっと不思議なおはなしでした
後書きは 東日本大震災 福島の原発問題のことが書かれています
未来を生きる子ども達にメッセージを訴えているのですが、  さあ子ども達はどう受け止めてくれるでしょうか?
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小野 美由紀さんのその他の作品

ピュア



世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

ひかりのりゅう

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット