新刊
家守神(3) 金色の爪と七不思議

家守神(3) 金色の爪と七不思議(フレーベル館)

拓の小学校で怪事件発生!?

  • 笑える
  • 盛り上がる
あのこ

あのこ

  • 絵本
文: 今江 祥智
絵: 宇野 亞喜良
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年01月15日
ISBN: 9784776406754

26×25cm 26ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

終戦間際のある村で、疎開してきた少女「あのこ」は、馬と話すことができるという。
村の子どもたちは、半信半疑で庄屋の馬を連れ出し、「あのこ」をみんなの前で話させることに…。
1966年に理論社から刊行された絵本『あのこ』を、装いも新たに復刊することになりました。
本文は、黒をベースにして神秘的に蘇ります。

ベストレビュー

心の痛みを

空襲を避けて疎開した村での話ですが、現実感とは離れた幻想的な童話になっています。
馬と話ができるという町の女の子を、否定し排除しようとする疎開児童に村の子どもたち。
受け入れられない自分を感じて、空襲の町に帰っていった女の子。
馬もチョウチョも象徴するものがよくは分からないのですが、不条理の世界で心の痛みが悲しく残されたお話です。
宇野亜喜良の絵と、黒地に書かれた文章に、感性的な雰囲気が立ち込めていました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ちいさいひなた
    ちいさいひなたの試し読みができます!
    ちいさいひなた
    出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ひなた、ひなた、どこいった? 隙間から差し込む光…小さい日向を描いた,ぬくもりある絵本です。



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

あのこ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット