ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
言葉屋 言箱と言珠のひみつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

言葉屋 言箱と言珠のひみつ

  • 児童書
作: 久米 絵美里
絵: もとやま まさこ
出版社: 朝日学生新聞社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年11月
ISBN: 9784907150518

A5

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

小学5年生の詠子のおばあちゃんの仕事は、町の小さな雑貨屋さん。と思いきや、本業は言葉屋だった。言葉屋の成り立ちと使命を知ることとなった詠子は…。

〈受賞情報〉朝日学生新聞社児童文学賞(第5回)

ベストレビュー

言葉屋修行

『言葉屋は、言葉を口にする有機と口にしない勇気を提供するお店』
言葉屋のおばあちゃんに弟子入り、修行をする小学生、詠子。
言珠が使用後に消えてしまうのが、詠子同様になんだかもったいない気がしてしまいました。キレイなものらしいので見てみたいな。
全4章。友達、社会人、女子同士の争い、ほのかな恋…。どの章もよかったです。こうした一つ一つが詠子を言葉屋としても成長させているのでしょうね。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


久米 絵美里さんのその他の作品

言葉屋(3) 名前泥棒と論理魔法 / 言葉屋(2) ことのは薬箱のつくり方

もとやま まさこさんのその他の作品

ゴムの木とクジラ / 夏の日 8 petits poemes



「がまくんとかえるくん」シリーズ 三木卓さんインタビュー

言葉屋 言箱と言珠のひみつ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5



全ページためしよみ
年齢別絵本セット