話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
美女と野獣

美女と野獣

  • 絵本
原作: ボーモン夫人
絵: 宇野 亞喜良
出版社: アートン

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「美女と野獣」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年09月
ISBN: 9784861930164

出版社からの紹介

イラストレーター宇野亜喜良さんが芸術監督をつとめるダンス・エレマン舞台「美女と野獣」のために書き下ろした脚本を絵本化。「美女と野獣」はディズニー版が有名ですが、それだけではありません。本作は、宇野さんが敬愛してやまないジャン・コクトーへのオマージュとして作られた絶品。
ストーリーは、美女・ベルの父親が、森で道に迷った夜、誰も出てこない不思議な館でもてなしを受け、一夜を過ごします。翌朝、うっかりバラの花を摘み取ってしまった父親に激怒した野獣が姿を現し、命をもらうか、娘を身代わりにしろと父親に迫ります。そのバラは、野獣が大事にしていたバラでした。――というところから始まります。
ベルを愛する野獣、愛してはいけない野獣を愛してしまった妖精、愛することを知ったベル。誰かを本当に愛した者だけが知る悲しみと孤独。心震えるストーリーと古書風のテイストに甘美にマッチした絵が見事です。さすが宇野さんです。
舞台では、美女役に吉川ひなの、野獣にNYで活躍中のダンサーTAKE、妖精にヴァイオリニスト川井郁子がダンサーたちと華麗な世界をつくりあげます。

ベストレビュー

これは何よりも愛の力の素晴らしさを教えてくれます

美女と野獣を読んだのはもう何十年も前のことです。けれども最近、このお話を読んでも、とても新鮮で感動しました。私は昔、何人もの凄い美人と仲良くしていた時、オレたちは美女と野獣だなんてジョークを言っていたことがあります。これは父親の犠牲となって醜い怪物と結婚した娘が、愛の力によって怪物を魔術から解放し、怪物は高貴な王子の姿に戻って娘と一緒に幸せに暮らすというストーリーです。何よりも愛の力の素晴らしさを教えてくれると思います。何度も読みたくなるお話です。
(水口栄一さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ボーモン夫人さんのその他の作品

100年後も読まれる名作(3) 美女と野獣 / (デジタル)びじょとやじゅう / 美女と野獣

宇野 亞喜良さんのその他の作品

講談えほん 那須与一 扇の的 / スピリチュアルタロット 新装版 / あのねこは / 2ひきのねこ / シンデレラ / イソップえほん きんのおの



2月の新刊&オススメ絵本情報

美女と野獣

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット