日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
ジョージ大好きさん 40代・ママ

一度じっくりどうぞ
奥深いお話です。 平和って一言で…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
桂三枝の落語絵本シリーズ(4) 考える豚
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

桂三枝の落語絵本シリーズ(4) 考える豚

  • 絵本
作: 桂三枝
絵: 黒田 征太郎
出版社: アートン

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「桂三枝の落語絵本シリーズ(4) 考える豚」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年01月
ISBN: 9784861930287

サイズ:A4

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

俗に汚い部屋のことを「豚小屋」などと申しますが、豚は存外綺麗好きなのでございます。じっさい豚は「食う」「寝る」「出す」場所をちゃんと区別してはるとか。
きくところによると野生に生きていた頃の名残らしいですわ。なんでも敵に自分の居場所を悟られないようにするためなんだそうでして。野生の豚いいますと、「もののけ姫」に出てくる乙事主(おっことぬし)様、祟り神になってしまったあの齢500歳の猪神を想像しますな。えっ、しませんか? ま、要するに豚は自分が暮らしやすいように、ちゃんと普段から考えてはるっちゅうことですな。
本書の主人公トン吉は、ある養豚場で暮らす豚さんであります。仲間がガツガツとエサを食うとるいうのに、ひとり食べないんですな。その理由をきいてビックリしたらあきまへんで。
「自分がハムになるのは納得いかない。丸々ふとったらいずれは人間に食われる。だから自分はダイエットしてふとらない」っちゅうんですわ。
そんでトン吉は、ダイエットばかりでなく、腕立て伏せや腹筋、ヒンズースクワットまでやっとるんですわ。想像してみなはれ、丸々ふとった豚たちのなかに、一匹だけスリムで逆三角形の体つきしたのがおるんでっせ! ブヒブヒ
仲間たちは心配して、「食べろ、それがわしらの仕事やないか」と説得をこころみる。要するに自分たちの運命を疑うことなく受け入れているんですな。もしくはあきらめている。しかしトン吉はまったく納得しない。そして仲間にこう言い放つんですわ。
「おれは自由になる!」
カッコよろしいなぁ〜、トン吉はん、あんさん男やねえ〜
その後、ダイエット作戦を遂行しつづけたトン吉は、不思議な行動をとる豚として耳目を集め、狙いどおりに「考える豚」として大学の研究室に送られることになります。
で、ハムになるのを免れた……かどうかは読んでからのお楽しみ。なにしろ三枝師匠のお噺ですから、そうはトン屋が、いや問屋がおろさない、かも???
そんなわけで、お後がよろしいようで……

内容紹介

ある養豚場にいる豚のお話。今日もお腹いっぱい餌を食べて、大満足のトン助。一方、同じ仲間のトン吉は、人間に食べられるのがイヤで、ダイエットを実行するのだが…。桂三枝の落語絵本第4弾。

ベストレビュー

落語っておもしろい

これが噺家さんの世界の中身なのか…と落語に興味が持てる絵本でした。正直、絵本の絵の方は落語とリンクしているわけじゃないですが、それはこの内容にふれるための興味付けのための絵として全然O.K.そう思わせるほど、中身がおもしろい。どこかで大爆笑とかじゃないのに、だじゃれがちょいちょい入ってきて、それに気づくのが嬉しく、ふって笑っちゃうのがずっと続き、気づいたら終わっているという感じです。今度は、古典落語の絵本に挑戦しようと思います。
(みっとーさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


桂三枝さんのその他の作品

峠の狸レストラン / さよなら動物園 / 桂三枝の落語絵本シリーズ(6) カラス / 桂三枝の落語絵本シリーズ(5) ワニ / 桂三枝の落語絵本シリーズ(3) 悲しい犬やねん / 桂三枝の落語絵本シリーズ(2) 鯛

黒田 征太郎さんのその他の作品

18歳のアトム―手塚治虫の鉄腕アトムから18歳のアトムへ / いぬいいこ ねここねこ―スキ・キライのものがたり / マーゴットのお城 / マーゴット / 「マーゴット」と「マーゴットのお城」(全2冊セット) 英訳付き / 拝啓 サクラさく


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 諸芸・娯楽 > 桂三枝の落語絵本シリーズ(4) 考える豚

『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

桂三枝の落語絵本シリーズ(4) 考える豚

みんなの声(5人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット