しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ダンゴウオの海
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ダンゴウオの海

  • 絵本
写真・文: 鍵井 靖章
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2015年01月
ISBN: 9784577042700

小学校中学年から
22×27cm 34ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

ダンゴウオというお魚を知ってますか?
とても小さくてコロコロとした可愛らしいお魚。
泳ぐのが苦手でおなかの吸盤で岩などにくっついて海の中で暮しています。

そんな小さな小さなダンゴウオを発見したのは、
岩手県宮古湾の海の底。
震災直後に魚の姿が消えた海の中で、必死にしがみついていた一匹の小さな魚。
三年半かけて、水中写真家・鍵井靖章さんが撮り続けた海の底で生きる生き物達の姿。
人間が使っていた生活用品が海底にあふれ、それでもそれをのみこむかのように
生長し、生命をつなぐためにたくましく生きる魚達の姿に心打たれます。
いつまでも美しい海に、たくさんの命が生まれるように
大人達にも子ども達にも伝えたいメッセージがたくさんつまっています。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

ダンゴウオの海

出版社からの紹介

震災直後の海には生き物がなにもいなかった。海底には人々の生活品が沈み、そして、奇跡のダンゴウオに出合った…!  それから4年近く、撮り続けた宮古の海の底は、生き物と人工物とのふしぎな世界が現れていた。

ベストレビュー

生命の強さを感じる

震災後、海に多くの物が流されて、そのままになっている様を見るだけでも、
何だか心が痛みます。
けれど海に生きる生き物達は、
震災も、漂流物もすべて受け入れて、
健気に、たくましく生きている。

年を経る毎に多くの生き物が海辺に戻ってきて、
新たな住処にたどり着いている様子は、
生命の強さを感じずにはいられません。

震災関連の本としては、
とても勇気づけられるものだと思います。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




子どもの気持ちに優しく寄り添ってくれるおやすみ絵本

ダンゴウオの海

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット