いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
「泣きやんだ!」「喜んでる!」 ママパパも大喜び! シリーズ累計185万部の大人気ロングセラー赤ちゃん絵本
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
英国情報局秘密組織チェラブ Mission10:リスク
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

英国情報局秘密組織チェラブ Mission10:リスク

  • 児童書
作: ロバート・マカモア
訳: 大澤 晶
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年12月15日
ISBN: 9784593534661

188×128cm 420ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

アメリカ、ラスベガス近くの砂漠の真ん中にある米軍施設で大規模な市街戦訓練が行われることになり、チェラブのメンバーと教官のカザコフは「反乱軍」としてこの訓練に参加することになった。カザコフの作戦に、米軍は予想外の苦戦を強いられ……。

ベストレビュー

ドラマで見てみたいシリーズ

今回は大ざっぱにまとめると、テロ組織のまぎれて内偵をしたり、アメリカで行われる大規模な軍事演習の訓練に参加したり、教官の一人とカジノでトランプゲームの不正をして、警察に追いかけられたりする話でした。
全体では大きなミッションという感じではなく、
ジェームズやチェラブ内での大きなミッションとミッションの間の一コマを描いている感じだったので、いつもより読んでいるときのドキドキ感はありませんでした。

たぶん、登場するチェラブのティーンエージャーたちは英国圏ではごく普通の子どもたちなんだろうと思いますが、
日本の子どもたちより性的な関係に若干オープンです。気にならないとはいいませんが、10代の日本の子ども達が読むのにそれほど問題ないくらいの表現ではないかなと思いました。

この物語は、スパイ教育を身につけた子ども達が、世界で巻き起こる多種の事件に秘密裏に参加して、大きな事件や戦争を未然に防ぐという目的で活躍するシリーズなので、ファンタジーやSF映画とは違ったリアルっぽい面白さがあります。
文章でも面白いですが、こういうお話こそぜひドラマや映画で見てみたいですね。
人間的にはいろいろダメダメだけど、一見イケメンに育ったらしい16歳のジェームズはどんな役者なら似合うかなぁとか、想像しながら読んでます。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子19歳、女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ロバート・マカモアさんのその他の作品

英国情報局秘密組織チェラブ Mission9:クラッシュ / 英国情報局秘密組織チェラブ Mission8:ギャング戦争 / 英国情報局秘密組織チェラブ Mission7:疑惑 / 英国情報局秘密組織チェラブ Mission6:リベンジ  / 英国情報局秘密組織 チェラブ Mission5:マインド・コントロール / 英国情報局秘密組織チェラブ Mission4:大もうけ

大澤 晶さんのその他の作品

おばけのゆきだるま / おばけとにじいろのようせい / おばけのたからさがし / おばけのおもちゃばこ / おばけのドラゴンたいじ / ちっちゃくたってつよいんだ!



子どもが喜ぶ「うんち」がいっぱい!世界20ヵ国以上で翻訳の絵本

英国情報局秘密組織チェラブ Mission10:リスク

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット