宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ぼくと戦争の物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくと戦争の物語

  • 児童書
作: 漆原智良
絵: 山中桃子
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年07月
ISBN: 9784577042502

小学校中学年から
21×16cm 136ページ

出版社からの紹介

東京・浅草の少年心平。昭和19年、戦争が激しくなり疎開するが東京大空襲で一家全員を亡くす。それでも心平は強く生きていく。

ベストレビュー

戦争体験を通して

戦災孤児として戦後を生きてきた漆原智良さんの、体験を下地とした物語です。
児童書として、控え目な語り口ではあるけれど、東京大空襲で親を失い、縁故疎開者として戦争を体験した、悲しみがにじみ出ています。
130数ページにまとめてしまったために、物足りなさを感じるのが残念ですが、戦争というものに向き合える作品です。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

漆原智良さんのその他の作品

かがやけ!虹の架け橋 ー3.11大津波で3人の子どもを失った夫妻の物語ー / 火のカッパ / 天国にとどけ! ホームラン / スワン 学習障害のある少女の挑戦 / おばあちゃんのことばのまほう / 心といのちを守る5つの童話 ぼくたちの勇気

山中桃子さんのその他の作品

ふるさとは無人島ー八丈小島ものがたりー / 北条時宗 / 清少納言 / あれから 俵万智3・11短歌集 / 中大兄皇子 大化の改新をおこなった皇子 / おばあちゃんのくりきんとん



『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』監修者・金田一秀穂さんインタビュー

ぼくと戦争の物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット