話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
とおくがみえるね、ムーミントロール

とおくがみえるね、ムーミントロール

  • 絵本
作: トーべ&ラルス・ヤンソン
訳: 当麻 ゆか
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年01月31日
ISBN: 9784198639013

3歳から
260×215mm/32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

ムーミン谷を舞台にしたムーミントロールたちが活躍する美しい絵本シリーズ「ムーミンのおはなしえほん」第六弾!
今回登場するお友だちは、一卵性双生児のちいさなかわいい二人組、「トフスラン」と「ビフスラン」です。

春の一番はじめのあたたかな日、旅にでた親友のスナフキンの帰りが待ちきれないムーミントロールを見かねた友だちのトゥーティッキが、すぐにスナフキンを見つけられるようにと自分の大切な望遠鏡をムーミントロールにかしてくれました。おかげで、無事にスナフキンの姿を一番最初に発見することができたのですが、夏の終わりまでという約束であずかった望遠鏡が、ある日なくなってしまいます。

なんとなく好奇心旺盛なトフスランとビフスランがあやしいのでは?とおもいはじめるムーミントロールでしたが・・・。

ムーミン谷のお友だちの中でもかなりユニークなトフスランとビフスラン。
名前から噛んでしまいそうになるのですが、二人の話す言葉はもっと不思議なのです。「こんちは、トーミンムロール。まナフキンを スつあいだ、いっしょに いてあげるわ。」だとか「あれ? なれは、そんだい?」とまるで暗号みたい。二人の言葉で言うと、「きょうえんぼう」が今回のキーアイテム!

毎回、北欧独特の色彩の美しさに目が奪われるこの絵本シリーズですが、見返しもまるで美しいコートの裏地のようなかわいいテキスタイル風の柄になっています。

あらためてムーミンママのさりげない助言とムーミントロールのおっとりとした優しさ包まれる素敵なお話です。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

春になりました。ムーミントロールは、親友のスナフキンがムーミン谷へ戻ってくるのを楽しみにしていたのに、なかなか帰ってきません。友だちのトゥーティッキが、スナフキンがきたら遠くからでもわかるよう、望遠鏡をかしてくれました。最近谷にやってきたトフスランとビフスランは、望遠鏡に興味津々です。スナフキンも帰ってきて、楽しい夏がすぎ、秋になったある日、ムーミントロールは、望遠鏡がなくなっていることに気がつきました…。 大好評シリーズ第6弾。

ベストレビュー

魅力的なキャラクターたちがたくさん

スナフキンの帰りを心待ちにしているムーミンに、トゥーティッキが望遠鏡を貸してあげました。おかげで、遠くからスナフキンの姿を見つけることができました。
スナフキンが帰ってきて、ムーミンは毎日が楽しいことばかり。ムーミンのスナフキンが大好きな気持ちも素敵な2人の関係もとてもよく伝わってきます。
ムーミンママやムーミンの優しさに心が温かくなったり、トフスランとビフスランという変わった話し方をする仲間の登場もあり、ムーミンの世界観をとても楽しめました。
登場するキャラクターがとっても魅力的で、もっともっとムーミンについて知りたくなりました。
(ピーホーさん 30代・ママ 女の子2歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


トーべ&ラルス・ヤンソンさんのその他の作品

ムーミントロールと金のはっぱ / ムーミントロールと氷のおまつり / ムーミンの ゆびでたどろう! えさがし えほん / 夏のあらしと ムーミントロール / ムーミンの はってはがせる シールのえほん / ムーミンのめくってあそぶおおきなえほん

当麻 ゆかさんのその他の作品

アニメ ムーミン谷のなかまたち ハンドブック / 春がきたよ、ムーミントロール / 徳間ムーミンアニメ絵本 ムーミン谷のなかまたち リトルミイがやってきた / きみも こねこなの? / ムーミンやしきへようこそ ちいさなあなあき絵本 / ムーミンの ボートで おでかけ めくって さがす えほん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > とおくがみえるね、ムーミントロール

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

とおくがみえるね、ムーミントロール

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット