まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
てつがくのライオン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

てつがくのライオン

  • 児童書
文: 工藤 直子
絵: 長 新太
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年12月20日
ISBN: 9784835451428

小学校中学年〜中学生向け
190×166mm・上製/24 頁

出版社からの紹介

ここでしか読めない、奇跡のコラボレーションが実現!
雑誌「飛ぶ教室」のパイロット版(創刊0号)に掲載された伝説の作品が、
新たな装丁で、今よみがえる!
自分だけの一冊として、大切な人へのプレゼントにも!

ライオンは「てつがく」が気に入っている。
かたつむりが、ライオンというのは獣の王で哲学的な様子をしているものだ 
と教えてくれたからだ。
きょうライオンは「てつがくてき」になろうと思った。

中学校1年生の国語教科書にも掲載されている、工藤直子を代表する詩「てつがくのライオン」に、
長新太がイラストを加えた作品が存在した!?
雑誌のパイロット版掲載という、一般には出回ることのなかった作品が、
33年ぶりにあたらしい作品としてよみがえります。
名作を、もう一度読み返してみませんか?
対象年齢は小学校中学年〜中学生向けですが、ある意味「大人向け」ともいえる、奥の深い作品です。

てつがくのライオン

てつがくのライオン

ベストレビュー

哲学ってこんなこと?

退屈そうに固まっているライオンは確かに思索に耽っているようにも見えるのです。自分のポーズを考えるばかりの模索だったら哲学って言わないけれど、ライオンとカタツムリの関係が面白いと思いました。長さんのが、これまた哲学的(?)でした。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


工藤 直子さんのその他の作品

さとやまさん / 密林一きれいなひょうの話 / 絵本で出会う星の王子さま / おいで、もんしろ蝶 / 地球パラダイス / らいおんはしった

長 新太さんのその他の作品

クレヨンぞうさん / やぶかのはなし / せんせい / やまがあるいたよ / 帽子から電話です / 長新太の絵はがきブック おめでとう



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

てつがくのライオン

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット