話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

火城
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

火城

  • 絵本
文: 蔡皋
絵: 蔡皋 翱 子
訳: 中 由美子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年12月15日
ISBN: 9784494019724

小学5・6年〜

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

『火城』(かじょう)の舞台、そこはアジア・太平洋戦争中の1938年、日本軍が迫る中国の町長沙。そこに住む一人の少女の目から見た町の混乱、そして町は大火により五日間燃え続け、古い町はすべて燃え尽きてしまった…。日本・中国・韓国の絵本作家12人の協力で実現した平和を訴える絵本シリーズ7作目。

ベストレビュー

中国から見た日中戦争

戦争に翻弄される中国人民を描いています。
日本の侵略から逃れようとしているところに火の海。
中国軍が侵略者に物資を渡さないための作戦のようですが、どこの国でも、一番の犠牲者は一般国民だと感じました。
くすんだ絵は、失った幻影としてとらえているからでしょうか?
見づらい絵の中に、目を凝らすと様々な日常が埋め込まれていました。
表裏の表紙裏と表題紙の絵が比較的明るいために、中身はとてもキナ臭く感じます。
中国の人はこの絵本をどのように読むのか、とても気になりました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

蔡皋さんのその他の作品

パオアルのキツネたいじ / 中国の民話 なみだでくずれた万里の長城 / 桃源郷ものがたり / 花仙人

中 由美子さんのその他の作品

木の耳 / ともだちになったミーとチュー / 父さんたちが生きた日々 / 海のなかをはしった日 / シャオユイのさんぽ / チュンチエ〜中国のおしょうがつ〜



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

火城

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット