話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
こどもずかん777 英語つき しゃしんバージョン

こどもずかん777 英語つき しゃしんバージョン(学研)

類書中最多掲載!ファーストずかんとして最適な1冊!!

  • 学べる
  • 役立つ
  • 全ページ
  • ためしよみ
おしえて、レンブラントさん

おしえて、レンブラントさん

  • 絵本
文: ヤン・パウル・スクッテン
絵: マルテイン・ファン・デル・リンデン
訳: 野坂 悦子
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年03月01日
ISBN: 9784776406587

9歳から
276×213mm/32ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

みどころ

とっておきの金色の服をきて、きらきら光る髪飾りをつけた女の子が、走っていきます。
女の子の名はニーシェ。どうしておめかししているの?
じつはニーシェだけではなく、オランダのアムステルダムの町を守る、市民隊の人たち、誰もかれもがおめかしをして、そわそわしているのです。
なぜかっていうと、国いちばんのゆうめいな絵描き、レンブラントさんに、絵を描いてもらうから!

「こんなおおぜいのひとが、一枚の絵のなかにはいるかしら?」
ニーシェがたずねるとレンブラントさんは、描くのは大きな大きな絵であること、そして何人かは前に、何人かは後ろに立ってもらうと答えます。
さあ、前に描かれるのは、いちばんえらい隊長さん? それとも、ゆうかんな人? 頭がいい人……?
われこそはと名乗り出る人たちの話をきいたニーシェは、「わたしのはいるところなんてないわ」と帰ってしまいます。
しかし何週間か後、完成した絵のなかで、いちばん目立つところに描かれていたのは……。

「光の画家」として世界的に知られるオランダの画家、レンブラント。
レンブラントがアムステルダムの市民隊からたのまれて1642年に完成させたといわれる名画「夜警」は、暗い絵のなかに多くの人々が重なり合って立ち、そのなかにあかるく光り輝く少女がひとりまじって描かれているのが印象的な絵です。
いったいなぜ少女がこの場にいて、このように描かれたのかは諸説あり、本当のことはわかっていません。
本書は、オランダの作者ヤン・パウル・スクッテンが「夜警」をモチーフに創作した、フィクション。
「きっとアムステルダムの国立美術館に展示された『夜警』を見ているうちに、作者の耳には、ニーシェや登場人物の『声』が聞こえてきたのでしょう」と翻訳者はあとがきで書いています。

名画の自由な楽しみ方をおしえてくれると同時に、ストーリー絵本としてじゅうぶん楽しめる作品。
市民隊の人たちが、悪党どもをつかまえるためにふるった手腕を、それぞれ自慢してみせるくだりはおもしろいですよ。
いつか本物の『夜警』を見たくなる。そしてちょっぴり目からウロコの、名画から生まれた創作絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

17世紀にレンブラントが描いた名画「夜警」。
暗い色彩のなかで、ひとりの少女が、明るく輝くように描かれています。
この少女を主人公に、「夜警」が描かれた背景をイマジネーション豊かに描いた、楽しいフィクション絵本ができました。
金色の服をきておめかしをしたニーシェは、レンブラントさんが市民隊の絵をかくときいて、アトリエをたずねます。
こんなにたくさんの人をどうやって1枚の絵にかくのかしらと興味津々のニーシェ。
レンブラントさんは、何人かを前に、何人かは後ろにかくと言います。
市民隊の男たちはそれぞれ自分を前にすべきだと主張しますが……。
子どもたちにも、名画に興味と親しみを感じさせてくれる作品です。

ベストレビュー

絵の楽しみ方、いろいろ。

 絵心はありませんが美術館の雰囲気や、絵を見るのが好きです。きれいだなぁ、素敵だなぁ、力強いなぁ、などと、ただ単純に楽しんだり、大好きな絵の前ではドキドキと、ときめいたり・・・。

 ホントは、美術史をひもといたり、画家の人生を知ったら、もっと違う見方、深い見方ができるんだろうなと思いつつ、なかなか一歩踏み出せず・・・。

 この絵本からは、そんなお勉強めいたことではなく、「絵を見て想像する、お話をつくる」という絵の楽しみ方を教えてもらいました。

 なぜ、レンブラントの名画「夜警」に小さな女の子が描かれているのか?しかも光に照らされて。作者は一つの想像を絵本にしました。想像は百人百様。だれがどんなことを考えても自由なのです。さて、みんなでそれぞれ、想像の翼を広げてみませんか?

 それにしても、女の子、ニーシェが腰からぶらさげているニワトリは何のため?不思議です。
(なみ@えほんさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

マルテイン・ファン・デル・リンデンさんのその他の作品

シェフィーはがんばる

野坂 悦子さんのその他の作品

ぼくといっしょに / ねえさんの青いヒジャブ / おいで、アラスカ! / レナレナ / ばらいろのかさ / 映画ってどうやってつくるの?


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > おしえて、レンブラントさん

今年2回目の西日本新聞社オススメ児童書コンテスト開催♪

おしえて、レンブラントさん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット