新刊
かぞえるえほん おやすみわんちゃん

かぞえるえほん おやすみわんちゃん(偕成社)

みんなでいっしょに数えてかわいい、おやすみ前のわんちゃんの絵本。

  • かわいい
  • ためしよみ
もしも学校に行けたら アフガニスタンの少女・マリアムの物語

もしも学校に行けたら アフガニスタンの少女・マリアムの物語

  • 児童書
著: 後藤 健二
出版社: 汐文社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年12月
ISBN: 9784811386119

小学校中学年から
A5判 133頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

タリバン政権下ではかなわなかった、学校に行く夢がかなう!アフガニスタンで著者が出会った、ある少女のノンフィクション。

ベストレビュー

学校に行ける幸せ

シリアで犠牲になった後藤健二さんの本です。

アフガニスタン紛争が終結した直後に同国に入国し、取材を始めた著者。
冒頭では死と隣り合わせの取材であったことが書かれ、彼の覚悟の一端が見えました。

アメリカ軍の誤爆によって破壊された家に住んでいた一家。
父親は既に亡く、家族の生活を支えていた21歳の長男は母の目の前で誤爆によって亡くなりました。
長い間、政権を握っていたタリバンは女性は家を守るものと考え、勉強することも働くこともできず、母はただ途方に暮れるだけです。

突如、全てがその肩にのしかかった二男はまだ14・5歳。
それでも彼はアメリカ軍を憎むことをせず、彼らの中にも犠牲者がいるだろうと理解しているんです。
妹マリアムはショックのため笑顔をなくし、3歳の妹を手放すことができません。

政権が崩壊したことによって国連やユニセフの助けもあり、少女たちは学校に通えることとなったものの、母は長いこと抑圧されていたため、自らも学校に通ったこともなく、どうすればいいのか分かりません。
学校に行きたくても、行けない。
勉強したいけど、できない。
こんな現実、知りませんでした。

アフガニスタンでのことは知識として知っていたけど、一人の少女に焦点を当てたことによって、こんなにも違った印象を受けるとは思いもよりませんでした。
例の事件で著者のことを知りましたが、弱者に寄り添って書かれた本で、沢山の人に手を取ってほしいと思いました。
そして改めて惜しい人を亡くしたと感じました。
(ヤキングさん 30代・ママ 男の子11歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


後藤 健二さんのその他の作品

ルワンダの祈り 内戦を生きのびた家族の物語 / エイズの村に生まれて / ダイヤモンドより平和がほしい 子ども兵士・ムリアの告白


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > もしも学校に行けたら アフガニスタンの少女・マリアムの物語

【Z会の本】子どもの成長を実感できる知育教材! プラスαの効果があった「Z会グレードアップカードとえほん」

もしも学校に行けたら アフガニスタンの少女・マリアムの物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット