オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
イヨイヨさん 30代・ママ

買わずにおられなかった、オオイシさん
ワタナベさんでハマって、もう本棚いっぱ…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
あずきとぎ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あずきとぎ

  • 絵本
作: 京極 夏彦
絵: 町田尚子
編: 東 雅夫
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年02月27日
ISBN: 9784265079735

小学校高学年
286mm×216mm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

しょきしょきしょき。

夏休みは、田舎のおじいちゃんの家で過ごす。
おじいちゃんの家のまわりはなんにもない。
ただ、うっそうと茂る緑。山。木や草。石や虫。
しんとしている。

静かだけど、耳の奥で響く
やむことのない虫の鳴き声、風の音、川の音・・・。

魚がたくさんいそうな
とても深そうな川がある。

しょきしょきしょきしょき。へんな音。気のせい?

夜、おじいちゃんに川のことをきくと
あぶないからいっちゃだめだと言う。
しょきしょきしょきと聞こえるへんな音は
あずきとぎの仕業だって言う。

そんなの迷信。
おばけなんかいない。きをつけていればへいきな・・・はず。
・・・しょきしょきしょき。しょきしょきしょきしょき。

京極夏彦さんが挑んだ「京極夏彦の妖怪えほん」シリーズ5巻の1冊『あずきとぎ』。
本物の「妖怪」とは何かを問う渾身のシリーズです。
妖怪とは、本来、日本の風土と文化、その土地で暮らす人々の喜怒哀楽や心が生みだしたものなのだと、シリーズ監修者である東雅夫さんは言います。「ちょっとこわい」「なにかいるみたい」薄暗い森や川の影の揺らぎに、古い納戸の暗闇に、何かの気配を感じる。一人ぼっちになると、突如おそうあの感覚。「ゾワッ」「ブルッ」とする記憶をこの絵本シリーズで体験することができます。
シンプルにそぎ落とされた京極夏彦さんの言葉から生み出された怖ろしくも美しい絵本の世界。
町田尚子さんの息をのむほど神秘的で妖しい絵は、一瞬にしてわたしたちを男の子がいる場所へ、男の子の肌感覚を身に纏ったような不思議な世界へと誘います。それは、恐怖よりも好奇心が勝る子どもや大人にはたまらない入口なのかもしれません。

・・・男の子に何が起きたのか、しる人は誰もいません。
白い犬と黒い蜻蛉だけが知っている。
本当に怖いですよ。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

しょきしょきしょきしょき。へんなおとがするな。「ああ、それはあずきとぎだ。おばけだよ」京極夏彦と町田尚子が届ける絵本史上最高の恐怖。極上のぞくっが待っている!?

ベストレビュー

読み返して再び怖くなる

実はこの手の絵本が好きなので、評価は高くしていますが、苦手な人は要注意です。

とりあえず、さらっと読みましょう。
その後、犬に注目してもう一度読みましょう。
一度目より、二度目の方が怖いです。
小さすぎるお子さんは、おそらく意味が汲み取れないので怖がらないと思いますが、ある程度絵本の内容が理解出来る子は、怖がったり不思議がったりすると思いますので、お子さんに与える前に大人が一読して下さい。
(lunaさん 20代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


京極 夏彦さんのその他の作品

えほん遠野物語 でんでらの / おしらさま / えほん遠野物語 ごんげさま / えほん遠野物語 おいぬさま / えほん遠野物語 ざしきわらし / えほん遠野物語 かっぱ

町田尚子さんのその他の作品

マッチうりのしょうじょ / たぬきの花よめ道中 / ネコヅメのよる  / だれのものでもない岩鼻の灯台  / さくらいろのりゅう / おばけにょうぼう

東 雅夫さんのその他の作品

あやしい絵本 / くうきにんげん / はこ / ことりぞ / とうふこぞう / かがみのなか



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

あずきとぎ

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット