新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
まちの ひろばの どうぶつたち

まちの ひろばの どうぶつたち

  • 絵本
作: 井上 コトリ
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年02月
ISBN: 9784251098818

幼児から
270×190mm/32ページ

みどころ

これは、ある町に住んでいる目に見えないどうぶつたちのやさしい物語。

毎晩、町の広場で眠り、目覚めるとふらりぶらりと
のんびり町の中を散歩している透明などうぶつたち。
だれにも見えないのですから、何をしてもとがめるひともいませんし
注意するひともいません。
自由気まま。それは楽しくゆかいなくらし。

時には、町の建物にこっそりとお花の絵を描いて町の人をびっくりさせたり
寒くて震えている女の子の両脇にそっと腰かけて寄り添ってみたり。
町のひとたちは、どうぶたちの気配を感じても目に見えないので
自分の気のせいと思ったり、風のしわざだと思ったりするのです。

自由だけど、ちょっぴりさみしいな。
どうぶつたちはいつもそう思っていました。

ある日のこと。
そんなどうぶつたちの運命を変える素敵な出会いが唐突に訪れるのです。

誰かが自分の存在にちょっぴり気づいて気にかけてくれること。
それだけでこんなにうれしくてハッピーな気持ちになれるんだなぁ。
作者の井上コトリさんはいつも忘れかけていた心のボタンをポチッと押してくれるみたい。
何かのにおいや気配を感じたときにそこに透明などうぶつたちがいたとしたら・・・。
そう考えるだけでちょっぴりワクワクしますよね。
動物が大好きで空想好きなあの子に読んであげたいと思います。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

ある町の広場に5匹の動物たちがすんでいました。動物たちは夜明けとともに起き、だれかの手伝いをして、いたずらして、夜は広場で眠って、毎日を気ままに過ごしていました。でも、少しさみしくもありました。なぜなら動物たちのことをだれも知らなかったからです……。自由に楽しく生きている動物たちが、男の子とのふしぎな出会いから、新しいくらしを見つけます。だれかが自分を知っていることがうれしいと思えるお話絵本です。

ベストレビュー

心が温かくなりました

「にじのおはなし読んで」
と5歳児がこの絵本を持って来ました。
読んでもらう前に
一人でページをめくっていたようで、
読みながら、
「ほら、ここにいるでしょ」と
いろいろ教えてくれました。

いるのに、存在を認めてもらえないというのは、
楽なようで、寂しいという気持ちを
こんなふうに絵本で子どもにも
わかりやすく伝えていて、
読んでいて心が温かくなりました。
(まことあつさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

井上 コトリさんのその他の作品

タコのターくん うみをでる / やまとうみのゼリー / かきたいな かきたいな / ちいさなぬま / わたしドーナツこ / 慣用句 おもしろからだことばかるた


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > まちの ひろばの どうぶつたち

2月の新刊&オススメ絵本情報

まちの ひろばの どうぶつたち

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット