しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
童のおつかい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

童のおつかい

  • 絵本
作: ほりかわりまこ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年03月
ISBN: 9784034272404

小学1・2年生から
26cm×22cm 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「今昔物語集」をもとにした絵本

お寺ではたらいている童が、おぼうさまにたのまれて、海まで魚を買いにいくことになりました。うっそうとしげる木立の中で道にまよった童は、巨大な鬼におそわれますが、逃げこんだ穴の中に書かれていたお経の文字に助けられます。 子どもたちが豊かな古典の世界に親しむことができるように、『今昔物語集』に収められている説話のエピソードをもとに創作した絵本です。

ベストレビュー

おつかい

今昔物語絵本です。童は、人にあげるものだから絶対に食べてはいけないと言われていたのに、我慢できずに食べてしまったので、お寺の下働きのこぞうに奉公に出されてしまいました。下働きの仕事は辛かったですが、夜になるとおかあさんとおとうさんにあいたくて泣いていると、おぼうさんが干したなつめの実をくれて慰めてくれました。そのおぼうさんが、病気になってしまったので、海まで魚を買いにおつかいに行くことになったのです。途中、道に迷って鬼追われてしまいましたが、「妙」の字に助けられて、観音様に助けられて無事おぼうさんにも魚を食べてもらうことが出来ました。「観音様は、おぼうさまが魚をめしあがっていることもごぞんじですよ」に笑えました。そして、我慢できずに食べてしまったうりを沢山持たせてくれて、家に帰った童をおとうさんもおかあさんも喜んで迎えてくれて、童がうりを食べてるところで終わりに、微笑んでしまいました(笑)
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ほりかわりまこさんのその他の作品

もののけの家 / トンチンさんはそばにいる / ぼくのシチュー、ままのシチュー / くだものと木の実いっぱい絵本 / 滝のむこうの国 / きえた権大納言



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

童のおつかい

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット