まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
はるのおとがきこえるよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はるのおとがきこえるよ

  • 絵本
文: マリオン・デーン・バウアー
絵: ジョン・シェリー
訳: 片山 令子
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年02月25日
ISBN: 9784893095985

254×197mm/32P 上製 ハードカバー

この作品が含まれるテーマ

みどころ

ふゆのおわりに
「コツン コトン コツコツ」
「ガリガリ バリバリ」
「パリン パクン パン」
こんなふしぎな音がきこえてきたら……きみはどうする?

ベッドからとびおりてそうっと外をみる。
玄関からひとあしふみだすと、そうさ。そこには、くまがいるんだ。
庭のまんなかに立って、こういうよ。
「もうすぐ くるよお」って。

なにがくるんだろう?
くまといっしょに出かけたきみは、いろんな植物や動物、風までもが
「もうすぐ きますよー」
「もうすぐ くるんだわ」
と、うたうのをきく。くりかえすのを、ついてくるのをきく。
きみがなにをきいても、くまは「もうすぐ くるよお」というだけ。
ふしぎな音は、ずっときこえてる。
なにかがきしんでくだける音。ひびがはいる音。
きみは、大きなくまと手をつないで、どんどん冬の森のおくへ歩いていく。
歩いて、ずうっと歩いて……
きみたちが見つけたものは……?

詩人である片山令子さんが翻訳したくまの言葉は、誘うように心地よくあたたかく、
ふしぎな音は、緊張感とあたらしいなにかがちかづいてくる興奮とがいりまじって刺激的にひびきます。
読み聞かせにもぴったり。耳できく言葉が魅力的な翻訳絵本です。

作者は、アメリカ・イリノイ州生まれの児童文学作家、マリオン・デーン・バウアー。
絵を描いたのは、イギリス・バーミンガム生まれのイラストレーター、ジョン・シェリー。
絵本のなかの子ども部屋や、月あかりに照らされた雪の森に、わくわくします。
本書結末にやってくる、色とりどりの驚きをお楽しみに!

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

ふゆのおわりの夜に、ふしぎなおとをきいたことある?「コツン コトン コツコツ パリン パクン パン!」ドアの外に出てみると、庭にくまが立っていて「もうすぐくるよお。いっしょにいこう」とさそいます。森の中に入っていくと、ふしぎなおとがどんどん大きくなって...... 五感いっぱいで楽しめる絵本。

ベストレビュー

すてきな春!

タイトルにある「はるのおと」。一体、この音はなんだろう?と想像しつつ、よみすすめると、思ってもいなかった「はる」の正体におどろきました。今までにないような、はるの表現が素敵だなあ、と。
まだまだ寒い冬。春をまちながら読むのにぴったりだと思いました。
(あんじゅじゅさん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • カブトくん
    カブトくんの試し読みができます!
    カブトくん
    作・絵:タダ サトシ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    今年でなんと成人式!愛されて20年の昆虫愛ロングセラー

マリオン・デーン・バウアーさんのその他の作品

キツネのはじめてのふゆ / ながいながいよる / 家出 ─12歳の夏

ジョン・シェリーさんのその他の作品

夜空をみあげよう / 石の巨人 ミケランジェロのダビデ像 / ジャックと豆の木 イギリスの昔話 / ジッパーくんとチャックの魔法 / あなたの知らない アンデルセン (4) 人魚姫 / あなたの知らない アンデルセン (3) 母親

片山 令子さんのその他の作品

きりのなかのかくれんぼ / ようふくなおしのモモーヌ / ちいさなともだち / マルマくん かえるになる / とくんとくん / ねむねむくんとねむねむさん



カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

はるのおとがきこえるよ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット