まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ぼくのジィちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのジィちゃん

  • 絵本
作: くすのき しげのり
絵: 吉田 尚令
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2015年03月30日
ISBN: 9784333026982

5歳から
25×22mm/32ページ

みどころ

田舎からやってきたぼくのジィちゃん。
変なTシャツ着て、にこにこ笑ってるだけのジィちゃん。
なんだかかっこわるい。
でも、ジィちゃんには、ぼくが知らないすごい秘密があって・・・。

明日は運動会。とうさんは、走るのが早いから「PTAクラスたいこうリレー」の選手。
だけど、ぼくはクラスで一番走るのがおそい。
「ぼくは、また ビリに きまってる。いやだなぁ・・・。」
その夜家にやってきたのが、ジィちゃん。
ジィちゃんは子どもの頃走るのが早かったって言うけど、信用できない。
だって、コツを聞いたら「右足を前に出したら、次は左足を前に出す」って。
あたりまえのことを言うんだもの。

当日、ぼくはやっぱりビリだった。
がっかりしていたぼくに、追い打ちをかけるように、とうさんが仕事でリレーに出れなくなった。
相手チームのアンカーは、元陸上選手のハヤトくんのおとうさんなのだ。
急にアンカーをやってくれる人なんていないよ。
その時、ピンチヒッターとして立候補してきたのは、思いもかけない人だった!?

読み終わって出る感想はとにかく1つ。
「ジィちゃん、かっこいい!!」
年なんて関係ない、かっこいいものはかっこいい。
輝いている人は輝いているのです。
吉田尚令さんが描く、スピード感あふれる運動会シーンは最高。
ぼくの中のジィちゃん像が変わっていく瞬間を迫力たっぷりに魅せてくれます。
読後感が気持ちいい、ドラマチックな一冊です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ぼくのジィちゃん

出版社からの紹介

ぼくの運動会の応援に、田舎からやってきたジィちゃん。ださいし、ニコニコしているだけで、なんだかカッコ悪い。でも、運動会当日、ぼくのジィちゃんのすごい秘密を知ってしまったんだ……!新しいおじいちゃん像を描いた、心温まる作品です。運動会シーンでの、スピード感あふれる絵にもご注目ください!

ベストレビュー

ジィちゃんも早かったんだよ!!

もうすぐ運動会がある小2の息子。
徒競走はビリではないけど遅いです。
そんな息子に読んだら、ジィちゃんがリレーで走るところで本当に走っているかのように興奮してました。
ジィちゃんすごいね!!と言う息子に、おじいちゃんも速かったんだよと
25年以上前に亡くなっていて会ったことないおじいちゃんの話をしました。
会ったこともなく、あまり親近感のないおじいちゃんを少しは身近に感じたかしら?
おじいちゃんに足が速いか聞きたくなる絵本です。
(はーとままさん 40代・ママ 男の子7歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


くすのき しげのりさんのその他の作品

海の見える丘 〜 あなたの未来へ贈る5つの物語 〜 / はだかのおうじさま / ぼくはなきました / あーん! はがぬけない / おさがり / いまから ともだち

吉田 尚令さんのその他の作品

はるとあき / 雨ふる本屋と雨もりの森 / 漢字はうたう / 星につたえて / ヘンゼルとグレーテル / わたしおべんきょうするの



『たべものやさん しりとりたいかい かいさいします』シゲタサヤカさんインタビュー

ぼくのジィちゃん

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.77

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット