こくん こくん
作: 村中 李衣 絵: 石川 えりこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「だいじょうぶ、きっとできる」ともだちとの心の響きあいを描いた絵本
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
おいしいね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おいしいね

  • 絵本
作: さかざきちはる
出版社: WAVE出版

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥780 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年03月07日
ISBN: 9784872909210

A5変型 上製 24ページ

出版社からの紹介

さかざきちはるの「はじめてのことば」シリーズ発刊!!
あかちゃんにつたえたいあたたかいことばの絵本

子どもが初めて覚える言葉は、「ワンワン」「バイバイ」「まんま」「パパ」「ママ」など、短く身近な擬音語や固有名詞が多い。その次の段階が感情や状態を表す形容詞。本書は、親が子どもに、そのやわらかくてうつくしい形容詞を教えるための絵本。読み聞かせを通じて、「親の声の響き」とともに、あかちゃんに伝えたい言葉を、イラストレーター・絵本作家のさかざきちはるが描く。

ベストレビュー

言葉から伝わる幸せ感

はじめてのことばA.
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
バナナ、にんじん、おにぎりが登場し、「おいしいね」と食べる趣向。
おさるさんやうさぎさんに「はい、どうぞ」とあげたり、
にんじんをカレーに入れたり、少し込み入った印象もありました。
おにぎりは、あっちゃんと、親しい人たちで一緒に頬張るのも、
素敵な光景です。
「おいしいね」の言葉かけ、やはり大切だと思います。
だからこそ、たっぷり子どもに聞かせてあげてほしいですね。
言葉から伝わる幸せ感、たっぷり体感してもらいましょう。
(レイラさん 40代・ママ 男の子21歳、男の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


さかざきちはるさんのその他の作品

なかよし ちびゴジラ / がんばれ ちびゴジラ / ペンギンは短足じゃない図鑑 / だいじ / いたずらBOOK ずぼ! / いたずらBOOK ぷに!



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

おいしいね

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット