新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
さよなら ぽろ

さよなら ぽろ

  • 絵本
文・絵: 田島 征三
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1983年06月
ISBN: 9784033340500

25cm×24cm 32ページ

出版社からの紹介

ぽろはしずかのちちをぐいぐい飲んで大きくなり、草も食べるようになった。そしてぽろはよそへもらわれていった。悲しい子別れ。

ベストレビュー

やぎのしずかはお母さん 親子の絆は深い

田島征三さんのサイン入りの絵本を今日購入しました

やぎのしずかのシリーズ5です
しずかは赤ちゃんを産んでお母さんになりました
おっぱいいをおいしそうに吸っているんです  母と子の深い絆を感じます
こやぎのぽろは だんだん大きくなって一人で草を食べています
いろんな草 かたい やわらかい あまい にがい いろんな草の味をたくさん食べますが・・・・・やっぱり いちばん おいしいのは おかあさんの おっぱい 
でも しずかは 母親として子どもを自立させるために 突き飛ばすのです
母親の愛が こうして子どもを自立させようとしているのが痛いほど分かります
別れの時 しずかはつらい思いをして 大声でないた
「げんきでやるんだよ」
のぶおくんぽろをたのんだよ!

自立させるのも 親の役目なんですね

田島さんの絵日記とありましたが・・・・

絵の力強さに いつも心を揺さぶられます
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ

田島 征三さんのその他の作品

つかまえた / うりの つる くるくる / かぜがふくふく / ヒミツのかいだん / ちきゅうがわれた!  / わたしの森に



ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

さよなら ぽろ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット