どっせい!ねこまたずもう どっせい!ねこまたずもう
作: 石黒 亜矢子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本日は100年に一度の大相撲大会。無敵の大横綱、にゃんこのやまに対するは、奇々怪々な妖怪たち。さて、勝敗の行方やいかに!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ヨハンナの電車のたび
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヨハンナの電車のたび

  • 絵本
作: カトリーン・シェーラー
訳: 松永 美穂
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィークも配送実施
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年06月
ISBN: 9784890139484

B4横変・上製・44ページ

関連するスペシャルコンテンツ


あなたの好きなキャラクターはどれ?

出版社からの紹介

ねえねえ、絵かきさん、この電車はどこへいくの?  絵本の中のブタが作者に話しかけてきて、シャツを着させてもらい、「ヨハンナ」という名前をつけてもらいました。ひとりぼっちの電車の旅は、いつのまにか大冒険へ。

2015年 第20回日本絵本賞翻訳絵本賞受賞!

ヨハンナの電車のたび

ベストレビュー

絵本作成のプロセスという舞台裏を見せてくれるような・・・

あまり出会った事のないスタイルの作品です。

作家さんが、作品の主人公ヨハンナへ語り掛けながら、時にヨハンナの声に耳を傾けながら作り上げた作品なんだな〜って、思います。

ヨハンナが電車に乗って旅をし、時に困ったことにも出会いますが、最後に素敵なめぐりあいをするというお話です。
お話の筋を楽しむというよりは、絵本作成のプロセスという舞台裏を見せてくれるようなオシャレな作品です。

私は、車窓風景として、ヨハンナのリクエストで描いた夕方のアパートの様子が好きです。
アパートのそれぞれの窓からうかがえる、それぞれの住人の様子(人生)が、そうだな〜、同じ時間みんなそれぞれ違うことをしながら過ごしているんだな〜って、しみじみ思いました。

続編があればいいなって思いました。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


カトリーン・シェーラーさんのその他の作品

キツネとねがいごと / こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし / としょかんのよる / ミアは おおきなものが すき! / とかいのねずみといなかのねずみ / ちょっとまって、きつねさん!

松永 美穂さんのその他の作品

たいこたたきの少年 / 10歳までに読みたい世界名作(9) アルプスの少女ハイジ 思いやりの心が起こした奇跡 / 母さんがこわれた夏 / リスと青い星からのおきゃくさん / マルカの長い旅 / リスとはるの森



林木林さん×ねじめ正一さん対談インタビュー

ヨハンナの電車のたび

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット