宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ちゅるちゅるちゅる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちゅるちゅるちゅる

  • 絵本
写真: ヴェゼル
出版社: ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!

本体価格: ¥600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ちゅるちゅるちゅる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年09月
ISBN: 9784564242335

150×150mm

出版社からの紹介

1歳前後から活発になる「指さし行動」を使って言葉の発達を促す写真絵本。ソーセージや野菜、おにぎりは…何に変身? 「ほら、できた」「さあ、どうぞ」「ふうふうふう」「ちゅるちゅるちゅる」楽しくにぎやかにいただきます。

ベストレビュー

お弁当作りの参考になりますね。

ただ、こういった作業が苦にならない方に限ってですが…。最後のイチゴの山を見て思ったのですが、やっぱりシンプルな食べ方が一番美味しいですよね。型抜きした野菜の周りの部分は皆さんいつもどうしていますか。細かく刻んで入れていますか?捨てていますか?
(梅木水晶さん 30代・ママ 女の子3歳、男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その4

ちゅるちゅるちゅる

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット