もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ハテナはかせのへんてこいきものずかん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ハテナはかせのへんてこいきものずかん

  • 絵本
作・絵: ザ・キャビンカンパニー
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2015年04月14日
ISBN: 9784033324708

3・4歳から
24cm×24cm 60ページ

関連するスペシャルコンテンツ


どの作品がお気に入り?応援コメントで絵本セット

みどころ

ここは「ハテナはかせ」の研究所。
「この世界には、存在しているけれど気づくことができない不思議ないきものたちがいます。」
はかせは、そんな生物を、「へんてこいきもの」と名づけ、日々研究を続けているのです。どうやら、世の中の人が「なんで?」と思うことの裏側には、必ずこの「へんてこいきもの」がひそんでいるのだそうで・・・?

では、「へんてこいきもの」を一つご紹介しましょう。
”なんで、蚊取り線香の形はぐるぐるなの?”
こんな疑問の答えはこれ。実は蚊取り線香は「カトリ」という生き物の舌の部分なんです。
「カトリ」は、長い毒の舌を巻きつけて蚊を食べる生物。舌は毎年新しいものに生えかわり、古い舌はポトリと地面に落ちます。人間はその落ちた舌を拾い、「蚊取り線香」として使っている、というわけ。
詳細は本をご確認ください。ページには、生物「カトリ」の図、詳しい生態、落ちた舌を拾ってかごに入れる人間のイラストなどが掲載されていて、「カトリ」についての真実がばっちり分かりますよ。

本には、こんな風に全部で26の「へんてこいきもの」が紹介されています。ユニークで愉快な生き物たちを創り出したのは、注目の絵本ユニット、ザ・キャビンカンパニーさん。
「・・・なるほど!」と納得してしまったり、思わず吹き出してしまったり。
色鮮やかで自由な「へんてこいきもの」に夢中になる子どもたちが目に浮かぶよう。
”なんで、有名人のサインは読みにくいの?”
”なんで、かき氷を食べると頭が痛くなるの?”
どんな生き物が潜んでいるのか、ワクワクしませんか?
ハテナはかせは言っています。
「わたしたちの見えないところで、こんな不思議ないきものたちが動いていると思うと、世界を見る目も、きっと変わってくることでしょう。」
読み終わった後も思い出してニヤニヤしてしまう、楽しい空想図鑑です。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

ハテナはかせのへんてこいきものずかん

出版社からの紹介

ここはハテナはかせの研究所。博士は日夜、「切手のはしっこはなんでギザギザ?」「蚊取り線香はなんでぐるぐる?」「プチプチをつぶしたくなるわけは?」など身のまわりのふしぎなできごとが、どのようにしておこるのか研究しているのです。そしてついに、こうした出来事の多くは「へんてこいきもの」たちが引き起こしていることをつきとめたのです! この本ではそんなハテナはかせの「へんてこいきもの」研究ノートを大公開。ふだんから「?」と思っている子どもの疑問にはてな博士がお答えします。ぜんぶで26の「へんてこいきもの」をくわしく紹介。

ベストレビュー

いい年こいて、知らなかったことばかり…

【内容】
日常の素朴な疑問を、ハテナ博士が懇切丁寧に解説してくれるQ&A式の絵本。横断歩道がなぜしましまな理由、かき氷を食べると頭痛がする理由…26個の質問は、全てへんな生き物のせいだった!
世界初公開の珍妙な生き物の生態と、人間社会の仕組みを、誰でもわかるように絵で教えてくれる。

【感想】
この作家(グループ)は、普通のことは書かない。タイトルからして期待。
予想をはるかに超えた、すごい変な生き物たちに圧倒される。
例えば、二十歳超えている人に聞きたいが、「なんで、梱包材のプチプチを見るとつぶしたくなるの?」と質問されて、あなたは答える事ができるだろうか。子どもの純粋無垢な瞳に見つめられ続ける沈黙の、気まずい時間を想像し、私は戦慄した。
ああ、無駄に人生生きてきてしまった。なんというぼーっとした人生だったのだろうか。どうってことのなさそうな質問一つにも満足に答えられないなんて…
26の質問にすべて答えられた博士の、長年の研究に心から敬服いたします。

子どもには、社会や世界の仕組みを新しく発見する良書に。
大人には、別の意味で社会や世界の仕組みを新しく発見する良書、および人生の意義をとらえ直す哲学書として。
是非ともお勧めいたします。

何にも用事がないような暇な時間帯に、寝そべって、口を開けて、ボヤっとして、年齢と性別と人類であることをすっかり忘れて、お楽しみください。
読後は決して博士の答えに、疑問をさしはさんではいけませんよ。それが賢い態度であり、粋な大人になる方法です。
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ザ・キャビンカンパニーさんのその他の作品

あかんぼっかん / ほーほー / ボンボとヤージュ / ゆびさしちゃん / おかしな?ハロウィン / ねむれない おうさま



「誰もが誰かの大切な人」米国で人気のシリーズ第一弾

ハテナはかせのへんてこいきものずかん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 1
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4



全ページためしよみ
年齢別絵本セット